【水嶋アリス】あともう一歩であった…。 – SUPER JUICY AWABI YANKEES 伝説のロリネ申凄絶の絶頂嬲り 水嶋アリス

本編はこちらから

普通

反応は相変わらず良い。

ヤンキー設定をしっかり守り、最後まで抵抗している。

前作の電気作品に比べて迫力は劣り、最後の完堕ちの乱れっぷりも前作に軍配が上がる。

全体的に前作の劣化版。

いいね!

水嶋アリスさん・・いいね! 陵●向きのきれいなからだ・・アナルもOKみたいなのでハードSM系を待望していたが・・これは・・まさにすばらしい。

(注記:アナルは少ないようだが)。

彼女・・やはり全裸の責めが良く似合うし、特にフトモモがきれい・・開脚のドリルなどすばらしい・・で、全編魅了された。

・・でも・・この拘束具?は何?・・太い鉄棒で彼女がよく見えない・・拘束と言っても、女優が映えなければ何の意味も無いと思うが。

あともう一歩であった…。

敏感な筈である「アリス」嬢。

傍から見ても役に徹し、メチャクチャ頑張って快楽に抗っているのが伝わってきたのが素晴らしい。

とにかく股間責め中心である為ちっぱい回りが目立たず、脂の乗りが良い太腿回りがメインであったのも功を奏した。

墜ちてからの快楽貪り具合が絶品であったならば、なお良かった。

本編はこちらから