【水樹まや】いくらなんでも婆さんすぎ – 超本格官能近親エロ絵巻 お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 水樹まや

本編はこちらから

いいじゃない

このお義母さん、シリーズを多数見ているが、上位ランクに、位置します。

女優がよい、少し年がいった顔がよい。

ラストをもう少し考えてほしいところかな。

おかしな?

おっぱいの形が妙におかしい。

今どき豊胸は当たり前かもしれないが、年齢相応じゃないと違和感がありまくり。

このシリーズの完成形

このシリーズでは気に入った作品の一つ。

母が娘夫婦の家に遊びに来ていて、娘婿が娘と夜の営みをしていないことを告白、勃起した娘婿を見て風呂場でフェラ抜きしてあげる。

それは行き届かない娘に対する母親の責任を感じての行為だった。

その夜、妻が寝静まってから夫は義母の寝室を訪れ、話し込んでいるうちに再び勃起していることを義母に見つかる。

今回も義母のほうからズボンを下ろして慰めてくれるが、義母は性交までは考えていなかったようだ。

しかし成り行き上最後までしてしまう。

義母が帰る日、妻がしばらく家を出るのを幸い、再び義母と娘婿は激しく愛し合う。

妻が帰っているのもわからないくらい無我夢中で愛し合う二人だが、最後はばれて・・・。

ラストは知られても2回戦を開始するフェラを描くくらいの貪欲さがあれば完璧だった。

義母のオナニーや背徳感をみせびらかすような場面はカットして話がスピーディーでわかりやすい。

いくらなんでも婆さんすぎ

この手がお好きな方には良いかもしれんが・・最初は良いのだけれど、ストッキングを脱がすと尻に傷は有るし、シミはあるし・・・これで42はねえだろう・・50歳以上、いんや60歳超えてるかもよお顔と胸は何とか、見られるレベルなのは整形の賜物?ちょっと二度目はカンベン
本編はこちらから