【水樹心春】心春日和 – JK Chikan 女子校生痴●白書 水樹心春

本編はこちらから

犯●れているとき嫌そうな表情が良い

心春さんは健康的で初々しい感じがする女優さんです。

担任に痴●されたことを相談して、弱に図書室で「こんなことされたの?」と辱められるなど、押しに弱いところは評価がわかれるかもしれませんが犯●れているとき嫌そうな表情はなかなかです。

SEXシーンは全て着衣アリ、道具に頼ったプレーはない点も評価できます。

これは、イイモノだ・・・

痴●&制服モノでこんなに抜ける作品はもうないかもしれない。

尻射、顔射ぶっかけ、3Pと・・・どのシチュエーションも抜けました。

その道のマニアが愉しめる作品

水樹心春は初々しい女子校生風な演技も上手くて、ドラマ「高○生レス○ラン」に出演していた頃の、川○海○を彷彿とさせてくれる雰囲気で、なかなか良い。

Chikanシーンが丁寧に撮ってあり、その道のマニアは一度チェックしてみる価値があると思う。

絶対領域フェチの方にもお奨めの作品だろう。

図書室での教師との絡みは、長過ぎる気がした。

「再現」は下着に手を入れてキスくらいで止めておいても「脅しネタ」には充分だろう。

妄想の映像化は当然ありだろうが、度が過ぎるとやや白ける。

廃工場のシーンも悪くはないが、全編、色々な角度とやり方で、Chikanを繰り返して貰えるともっと愉しい作品に仕上がったと思う。

可愛い下着を穿いていたが、白で統一して欲しかった。

口を手で押さえて、声を我慢している顔が印象的。

心春日和

制服がとてもいい。

ジャケ写ではブレザーになっているが、前半では薄ピンクのベストを着ていて、つややかな黒髪とともに清純さがよく出ている。

最近のjkのように紺ソを崩すのではなく、しっかりのばしているのもポイント高い。

そしてチェックのプリーツスカートもこれ以上ないくらい限界に短くしているので、少し動いただけで白いパンツが露わになっている。

(実際に冒頭で変態先生に礼をするとき、パンチラしてます)痴●シーンも丁寧で、個人的に尻揉みが多いのも好評価。

か細い声で「やめてください」と言っているのも興奮を高めるのでとてもよい。

本編はこちらから