【水沢早紀】コレがAV15本目(?)の早紀、ベテランさんだけど – 女尻 水沢早紀

本編はこちらから

このジャケットは良いんだけどね

女優:☆☆企画:☆☆☆画質:☆☆昔、ジャケットにグッときて、借りたことあるが改めて評価。

彼女にとって15本目の作品らしい。

さらにENDでは引退も示唆しているように若干、消化試合の気配がある。

まずは平本とビリヤードの対決も、うやむやにフェラ抜き。

次に吉田潤とアナルに指入れするも、フェラ抜き。

ようやくチョコとAF。

ラストは4P。

擬似か本番かを語るのはナンセンスなので控えるが、吉田潤による手マン(潮吹き)が一番気持ち良さそうなのは確かだ。

何と言っても画質が悪い。

古い作品だけでなく、全体が赤みがかっている。

音ズレも気になる。

オリジナル発売:1994/12/23

コレがAV15本目(?)の早紀、ベテランさんだけど

全部、擬似とか。

本作は1994/12/23releaseの、シリーズ17作目か。

監督は山田プースケ。

まずは平本とビリヤードしながら…。

なんだ、本番ナシか。

続いて吉田潤と。

あらら、これも…。

続いてチョコと、アナル? 本番ナシでアナルOKは、ありえない話。

でもまあ、そういうこととして、鑑賞。

当時は「早紀、アナル解禁」が謳い文句だったのかな。

二人とも、熱演。

最後は平本、吉田、チョコと4P。

前戯でイってしまい、最後はヘロヘロに。

擬似でも、早紀、エロいです。

挿入しなくても、凹を凸でスリスリされるんだから、感じない訳がない。

本編はこちらから