【水沢真樹】まずまずの秀作 – 忘れられない凌● 水沢真樹 姫咲りりあ

本編はこちらから

つまらない。

凌●のカケラもない。

下着ショーという感じで中身はカラッポ。

このメーカーは絡みが少ないからシラける。

つき出た乳首が

巨乳とまではいかないものの、手のひらにすっぽり収まる乳房とつき出たピンク色の乳首は必見です。

呼び出されて犯●れるシーンで服を脱ぐのですが、下着に工夫があれば・・・パンストをはいていて欲しかったですね。

冒頭に夫とのSEXシーンか、最後にその後も続く屈辱シーンがあれば最高でした。

ついでを言うとエロイ顔をしているのでフェラがもっと欲しかったですね。

水沢が淫靡

女優のルックスは平凡なほうだと思うが、逆にそれがどこにでもいそうな人妻が調教される雰囲気を醸し出すのに一役買っている。

声がエロかったり、犯●れてるうちに背中ににじんでくる汗がエロかったり、開脚縛りで放置されて見せる羞恥顔がエロかったりと、外見が平凡なわりにやたらエロい印象。

ドラマはあまり印象に残らないが、日常を一皮むいたところに潜んでいる感じの水沢の淫靡さが印象的だった。

それに比べると姫咲は典型的な痴女悪女といった感じで面白みに欠ける。

責めがぬるい

水沢真樹の喘ぎ声はとてもそそられるが・・・自から服を脱ぐ様に命令され全裸になった所で後手に縛られ片足を吊り上げられて野郎二人に責められるのだが鞭と股間だけのバイブ及び電マだけの責めでは物足りない。水沢真樹は真性のMじゃないからこの辺りまでの責めが限界なのかもしれないが・・・逝き地獄だけでは今の視聴者は満足しないよ!

まずまずの秀作

責めがやや物足りないものの、股間アングル多く、露出度もいい。

ラストの4Pでは、真樹さんよりも姫咲りりあの強●顔騎クンニと騎上位挿入の方がエロかった。

本編はこちらから