【池野朋】タイトルにやられたw – マ○コとマ○コの間にチ○ポをはさんで発射

本編はこちらから

あくまで「やられてる側」にとっての究極のプレイ

「AV界の鬼才」甲斐正明が「マ○コとマ○コにチ○ポをはさんでイカせる」という「究極のプレイ」を考案。

「やられる側」にとってはまさに「夢の体験」である。

ところが、「観る側」にとっては面白くもなんともない。

モザイクがある上に男女三人の体が折り重なって、観づらいことこの上ない。

無修正なら傑作だったろうが、モザイクAVではただの「凡作」になってしまった。

普通

新ジャンルのプレイを確立した監督はすごいかもしれないが、絡みが少なく、単調な感じにならないようにしてもらいたい。

企画はわかるのですが…。

中途半端ですねぇ。

徹底しているわけでもなく、直接のカラミもない。

これでしたらカラミの方がより楽しめると思います。

タイトルにやられたw

タイトル通りのプレイに期待したのですが、カメラワークやプレイ内容など、正直いまいちでした。

本編はこちらから