【沢口あすか】やはりプロ? – 明るい淫語介護 沢口あすか

本編はこちらから

見るたびに綺麗になるね

あすかお嬢は、本当SEX上手いな 男優の扱いもいいね男根をしゃぶるのも、すごく感じます オススメですな。

こんな介護がいいな!!

こんな訪問介護なら、毎日でも来て欲しいな!!でも、言葉かちょっと分かりづらいかな(・・?!

実にタイムリー

確かにフ○ラは気持ちよさそうだね。

演技もうまいし。

あすかちゃんはいいんじゃないかな。

でもさあ、「介護」がタイトルにあるから仕方ないのかもしれないけど、男優を「おじいちゃん」と呼ぶのはどうかと思うぞ。

見てる方はおじいちゃんじゃないんだからさあ。

それに、男女の局部の呼び方がフランス書院の小説のようで笑った。

やはりプロ?

おっさんは正直嫌。

スクール水着で体を洗い終わったあと、そのまま着衣で素股をするわけであるが、水着を押し付けるんじゃなくて水着の間から○ンコを水着の中に挿入した素股。

本当の中には入ってないだろうが、これは気持ちいいはずであろう。

これはプレイヤーの気持ちよさを追求する為である。

なにが言いたいかわかるだろうか?ただ単にプレイを魅せるというわけじゃないんだよ。

これは、すっごくきもちいいいことしてるんだよ。

と言うこと。

美しいアングルだが、見ていてあんまり気持ちよさそうじゃないなと思ったらやはり気持ちよくないし、もう疲れる、しつこいと思うとやはり気持ちよくない。

我々は置き換えている。

イメージを重ねて見ている。

沢口あすかはそれを知っている!
本編はこちらから