【沢田麗奈】何故にカメラ目線 – 人妻縄縛 沢田麗奈

本編はこちらから

桜田 伝次郎では駄目だ。

まともな縛りは一つだけで、後はだらしのないものばかり、最後に監督 桜田 伝次郎と出てきて納得、伝次郎では駄目に決まっている。

私の知っている縄師のなかで、最悪なのが彼で、そうと知っていたら借りなかった。

借りる前に監督や縄師が分かるものは少数で、分からないものが多いから、レビューを書く人は分かった時には書いておくと、お互いに役に立つと思う。

   30点

画面が汚い

沢田麗奈は若くないうえに、画面も赤みがかった感じで汚くて見る気にならなかった。

監督も好きにならない。

〈気が〉抜けた

強引なストーリーと力の抜けた縛りで気が抜けた。

女優はエロい顔立ちだったのに残念である。

キャプに<彼女のぐったりした…>とあるがぐったりしたのはこちらだった。

連続中だし。

アイエナジー得意の連続中出し。

ただし今回は縛りっぱなし。

ところがYシャツを着て犯してるバカ男が何人かいて挿入部分が見えない。

それと沢田麗奈は若くないうえにアソコが汚くて激しい画面のワリに興奮しなかった。

縛りが中途半端

女優さんは年齢の割に(?)エロい感じでいい雰囲気。

しかし,タイトルの「縄縛」は中途半端でイマイチ。

フェラやハメシーンではほとんど縄を巻いているだけ。

何故にカメラ目線

私綺麗でしょって言いたげ 有りか無かと言えば 無し無し 平凡な作品
本編はこちらから