【波多野結衣】定番に走らず考えられたアイデアが高評価 – 異物混入の謝罪に来た女部長が土下座!ブラチラやパンチラに欲情してガチガチに勃起したデカチ○ポを目の前に出したら「私のこと好きにしていいですから、許してください」と言ってきた! 波多野結衣

本編はこちらから

波多野嬢で救われています。

世界のハタノの演技があってこそ成り立ってます。

周りのワザとらしい演技も嬢で打消しです(ホントは星1)チャプ1の時点で全裸にさせる展開の意味も解らないし、男根を差し出している意味も解らん。

AVに過度な企画力は求めないがせめてアルアルの展開位は考えてほしいです。

※周りに他女性がいるのに男性が下を差し出すのは非現実でしょ。

彼女がかわいそうです。

もっとリアルに

波多野由衣が、女教師、OL、女医と三変化するのであるが、その趣味の方は喜ばれるかもしれないが、女教師が普通パンスト以外履くのであろうか?固い職業の人が、ガーターベルトであったり、片一歩ずつのストッキングを履いていたりすると興ざめする。

もっとリアルにやってほしい。

定番に走らず考えられたアイデアが高評価

オムニバス形式で3話収録。

クレーム謝罪など使い古されたネタであり、たいていは女がメソメソとひ弱な態度でいいなりになるだけだが、この作品は3話とも演出と演技が工夫されており非常によかった。

1話目は強気な女が強●的に謝罪させられる状況に追い込まれた屈辱感と屈服感、2話目はいいなりに抱かれておけば事態を丸く収められるだろうという女の打算としたたかさ、3話目は土下座のような屈辱的状況に興奮するドM女医の変態性癖定番をあえて外したこういう変化球を演出に選んだ監督と、それらをしっかり演じ分けた女優を高く評価したい作品。

職業系作品にもかかわらず中途半端な半着にせず、人前で裸に剥くという行為を屈辱を与えるためのコンセプトとして貫いたところも高評価。

脱衣コンセプトをぶらさず演技力のある女優に恵まれればシリーズ化の価値もあるだろう。

本編はこちらから