【波多野結衣】艶っぽく、そして狂って行く – おっぱいママを狙うマセガキ同級生 4 〜僕のママが寝取られて妊娠懇願…!!〜 波多野結衣

本編はこちらから

こんな美人の叔母さんを…

メス豚扱いするなんて..なんてガキなんだっ!..舌を出してチ〇ポを求めてる結衣叔母さんにお預けプレイやチ〇ポピンタ..おまけに中出しまで許させるなんて…一度、経験してみたいモンですなっ!..そんなメス豚結衣さんがマセガキの友達のチ〇ポを誘惑…なかなかの指導ですよ!..そして最後は、息子の前で2人のマセガキとの調教乱交プレイ…四つん這いや顔面騎乗でしっかりオマ〇コを責められ、2本のチ〇ポを頬張りながらのメス豚言葉を連呼しながらチ〇ポを求めまくる結衣叔母さんの姿がたまんないっすよっ!..美人の叔母さんがここまで堕ちたら…次はどんな調教してやろうか..そんな事を毎日考えるんだろうなぁ…あのマセガキ!…やっぱ、1度でいいから、こんな経験したいっすっ(結衣叔母さんをメス豚扱いしてぇーー)!

うーん、、

個人的には堕ちていくのが早すぎてもう少し粘ってほしいと思いました。

AV史上最も興奮させられた作品

ショタ系では一番作品作りがうまいビバ☆ゴンゾ監督が、波多野結衣を選び、このシリーズに登場させたというだけでも、興奮度が増す。

しかし何よりもの、後半において、子供に洗髪をさせながら行われる少年の愛撫に感じてしまい、子供には目を開けないようにと、母親として注意する風呂場のシーンは、母性と女性の対立の中で、母性が女性に負けてゆくという状況を、リアルに示した最高の場面であり、ショタの作品史上、最高の場面である。

この場面は是非とも今後も使ってほしい。

「女の人のココ何ていうか知ってる?」が◎

「お●んこって言うのよ」が良かった。

波多野はさすがにベテランの安定感のある演技保坂えりの作品も良かったが、本作品も○波多野のイヤラシイ言葉が良かったが、余りにも急速に堕ちていってしまい、後半は余りにもハマリ役の「痴女ママ」になってしまうのがやや残念でマイナス1の「良い」評価にします。

新しいシナリオが非常に良い!!

安定して面白い人気シリーズの新作はあらたなシナリオが加えられている。

これが非常に面白い。

良い点を述べる。

①中盤での同級生への性教育がシナリオが非常に良い。

こういうものが見たかった。

マセガキに服従したママが同級生を誘惑して性教育を施す。

この場合、痴女設定になりがちだが、あくまでM女の設定による性教育となっている。

これが良い。

できれば孕ませ妊娠淫語をふんだんに入れた種付け教育まで行ってほしかった。

②第三者の気配のあるシーンが良い。

手間がかかるが、背徳感の向上はハンパ無く高まる。

要望としては演技がしっかり出来る槇原愛菜さん、本田岬さん、水希杏さん、本田莉子さん、香山美桜さんで見てみたい。

艶っぽく、そして狂って行く

マセガキがリードしすぎていてちょっとリアル感にかけるが、だんだんと艶っぽくなっていく感じなどはすごく良い後半は快楽に狂って行く加速感が半端ないラストの腹ボテ玄関FUCKは集大成
本編はこちらから