【浅野えみ】すでにマゾとして完成されてる – 恥さらし ワタシの中の恥ずかし過ぎる願望 浅野えみ

本編はこちらから

発売するたびに

事務所変わられてから全て観てますが、だんだんエロくなって今回のも良かったです(^o^)v

エロくて良い!

以前の社員さんのときより、1作1作エロくなってて見てて気持ちよいです。

もっとエロくなることを期待してます。

再移籍希望

アイディアポケットに移籍してから、とてもセックスとは言えないような複数でのドタバタ見せ物や、縛ったり、襲われたり、の作品ばかり。

完全に方向性を間違ってるね。

浅野えみのファンは、こんなケダモノチックは求めてない。

もっと女としての魅力で勝負できるように、ドキュメンタリー作品の得意なメーカーに再移籍してほしい。

アイディアポケットはドキュメンタリーは1番苦手にしてるドタバタメーカーなので。

どんどん成長してる!

エロく成長しております。

このまま際限なくエロく成長して欲しいものです。

頑張れ!

ドエロ女の貪欲さに注目

アイポケ作品でドエロな本性が暴露された浅野えみをさらなる変態地獄に突き落とそうということで、まずは檻の中で輪●。

「どうしよう~」とオロオロしながらもスパンキング連打、「お願いします。

もっとしてください!」と泣きわめき、潮を吹かされイキまくる最初の時点で火がついたのか、後はなすがままにされてます。

強●イマラから顔射を浴びて自らバイブでイキまくり、目隠しされてペットの様に引きずり回され、拘束されておもちゃ責めの乱れっぷりは尋常じゃありません。

変態性、貪欲な女という才能を開花させた浅野えみにますます期待。

出来はまあまあ

オープニングの出来がいいですな。

ウンコ座りからのバックの手法はエロくてなかなか新鮮でした。

もう少し見せてほしかったかな。

本人願望では無いw

タイトルからは本人の性的な願望が反映された作品になっている様な印象を受けるが、作品冒頭のインタビューで女優が製作サイドの用意したシナリオに沿ったプレイをしているだけと言う事が分かった。

てっきり本人の願望を作品に反映させた内容かと思っていただけに興ざめしてしまった。

また作品中、男優に「4P最高です!と言ってみろ!」的な感じで多くのセリフを無理矢理言わされている感じなので益々興ざめ(笑)作品の詳細は他のレビューを参考にして下さい。

プレイや画的には抜きどころの多い良作だとは思います。

すでにマゾとして完成されてる

タイトルや説明文は内容を正確に反映してない感じ。

本格的な凌●系の前準備ということなのか、女優のM性を開発し、男に服従し奉仕することを教え込もうという予定だったのだと思うが、結論から言えば、スタッフが開発する余地がないほど女優のM性は完成度が高かった。

最初に男優3人がかりで前戯もほとんどなしのマ○コにチ○コをねじ込まれた瞬間からスイッチが入り、見事な性奴●っぷりを見せてくれる。

マゾ痴女ってこういうのをいうんだってほど出来上がってて、もともとこういう願望があったんだねという意味ではスタッフがこういうタイトルを付けたくなる気持ちも分からないではない。

ここまで凌●プレイに対する感応性が高いとむしろガチレ●プ系は嫌がり演技ができなくて苦手かもしれない。

遠からずハード作品に出ると思うが、どういう方向性に進むか要注目である。

本編はこちらから