【清水理紗】おっぱいを早く見せろ – 麻薬捜査官 ヤク漬け膣痙攣 清水理紗

本編はこちらから

すばらしいが・・

清水理紗さん・・いいね!。

きれいなからだ・・責められるのを見ていると魅了される。

なのに・・全然からだを見せない・・どなたかのレビューにもあったが・・キャットスーツを見ていても意味が無い。

やはり、彼女そのものを見たい。

演技もいい

女優は顔も演技も及第点といったところか 堕ちてからの反応はまずまず

童顔巨乳捜査官、耐える

清水理紗は、宮崎あおいと二階堂ふみを足して二で割ったような顔立ちの、童顔なのに巨乳というマニアにはたまらないであろう顔と体である。

最近のこの手の捜査官物は麻薬を投与されるとあっさり堕ちてしまい、後はアヘアヘ状態というのが多いが、清水理紗は必死に耐える。

麻薬を大量に投与されても、快楽に堕ちそうになる自らの体に抵抗する姿が良い。

しかし、抵抗しても最後は当然「イク、逝ちゃう」となる。

この落差の大きさが見る方のカタルシスとなるのだから、制作者達は良く心得て作品を作って欲しいものである。

おっぱいを早く見せろ

女捜査官・理紗は潜入捜査をするも、逆に捕えられて犯●れ、薬を打たれて性奴●に堕とされてしまう。

清水理紗21歳、可愛らしい顔立ちでなかなかの巨乳、喘ぎ声も甘くて色っぽい。

特に薬を打たれてからの堕ちっぷりは興奮する。

そこそこの良作だ。

一つ気になったのは、おっぱいがなかなか見られないということ。

アソコはすぐに剥き出しにされてしまうが、上は着衣のままという状態がずっと続き、ようやく2つのおっぱいが完全に露出したのは1時間14分後。

なぜこんなにもったいぶる必要があるのか。

まずはおっぱいからだろう。

本編はこちらから