【滝沢優奈】絶望的な未来像 – 貞操帯の女2 滝沢優奈

本編はこちらから

いい顔してる

滝沢優奈は痴女をやるとアーパーっぽいし、胸も大きくないのであまり好きではなかったが、ここでの演技力は素晴らしい。

特に表情の演技。

強気に睨みつける目、おびえる目、涙を浮かべながら睨む目。

屈服して切なそうに見上げる目。

追い込まれていく女の心理を上手く表現していてよい。

正直、内容に比べるとパッケージ表紙は酷すぎる。

もっと美人だし、スタイルも服を使ったりアングルを工夫して上手くカバーしている。

ダークなAVが好きな向きは必見。

ファイン

滝沢さんは、本当に顔も肢体も美しいですね。

でも、なんかこの作品興奮しないんだよなあ・・ストーリー重視にして、電マや多人数プレイをあえて入れない、最後まで堕ちない設定というのは製作者の意欲が見られるんだけど、それならなぜ疑似浣腸をいれるのかなあ・・?それに疑似浣腸にしても、されてる時の滝沢さんの表情をもうちょっとメークとか製作者の指示で真実味を出せたんじゃないかなと思っちゃうな。

ただ、街角で排泄しちゃうって見せてるところは、カメラアングル等もよいんだけれど(きっとこれを入れたかったんだろうな)、滝沢さんが浣腸を断った時点で違うエピソードに変更すべきだったのではと思います。

絡みよりも服を着ている滝沢さんに興奮しました。

他レーベルの露出物はとてもよかったので、どこのレーベルでも結構ですので、自分を突き抜けてください。

ファンからの無責任な一言です。

勝手な感想でごめんなさい。

従順な感じがとても良い

滝沢優奈ちゃんの従順な感じがとても良いです。

一見Sっぽい顔つきなのですが、M嬢の方が彼女を生かせてますね。

初の浣腸プレイだったのですが、もっとDEEPな感じの方が本編内容からいうと良かったのに。

今年のNO1

近年観たAVの中ではNO1。

創りはしっかりしているし、見ごたえ充分。

堕ちない設定で最後まで凌●感がおとろえない。

調教属性・凌●属性のある方で、ワーキングミューズ系のヒロインが好きな方にお勧めしたい。

話が長いわ。

滝沢さんは息の長さと変わらぬ容姿という点で日本一の女優さんですね。

どんな役でもまず外さない所も彼女ならでは...,なのですが、この人の良さは淫語でしょうに。

アドリブとボキャの豊富さを併せ持つ彼女を何のために使ったんだと言いたい。

マジでストーリーで見せたいのかなんなのか知らないが、これサスペンスで見る人いないでしょうに。

共演のつかもとさんがもっとイイ女なのにブスに映ってるのも全部制作の下手さ。

この二人使ってエロが作れないんじゃやめちまえと言いたい。

滝沢がやられてたと思ったら逆に悪どもをたらしこみ、組織を乗っ取り...でも表向きはOLです。

くらいのもん作ってくれよ、ほんと。

久しぶりに見入ってしまった。

ストーリー性は無茶苦茶だが、女優さんが際立つエロさを出していてドラマ仕立てもあいまって見入ってしまいました。

おもしろかったというのが率直な感想です。

滝沢って、、、

SなのかMなのか実のところよくわかりませんが、どちらでもこなせる女優なんでしょうな。

AVというより別の意味で面白くてゆっくり見いっちゃいました。

意外に

パッケージがいまいちで、あまり期待しないで見たが、予想外にストーリーがしっかりしており満足。

スレンダーな滝沢優奈も責めがいがあってなかなか良かった。

責め手の女も美人

責めはSM好きには物足りないが、滝沢優奈が顔も体形も良く、胸も大きくない好みの女で、演技力も有り、満足出来た。

良い女が嬉しそうに、責めを見ていたり、自分も責めに参加するのも良かった。

「奴●島」でも似た様に女が出て来るが、あっちはさほど良い女ではないので、もえなかったが、これは違った。

競演作でも一人分。

つかもと友希が競演しているのに使わないのは勿体無いですねぇ。

その分滝沢優奈が一人で頑張っていますが。

貞操帯をされて御奉仕営業させられるOLをうまく演じております。

最後に路上でのお漏らしがサービスといった所でしょうか。

おいしそうな美乳

ランジェリーメーカーに入社した優奈が監禁・調教され、性奴●となる。

滝沢優奈当時22歳、気の強そうな美人で、おっぱいは小さいがおいしそうな美乳。

途中まではイマイチだったが、1時間過ぎくらいに犯●れるシーン、ラストに一条とのカラミはなかなか色っぽかった。

できればつかもと友希の裸身も拝みたかった。

堕ちてない…?

痴女系からのイメチェンシリーズ。

なので以前の滝沢さんを期待してはダメです。

下着会社に入社した主人公を、怪しげな女上司が拉致監禁し、接待用SEX奴●にしてゆく…というありがちな話ですが、出演者に演技力があり、そこそこ見せます。

また舞台もロケを含めて変化があり、ポルノ映画っぽい展開です。

で、あっちの内容ですが、主人公はほとんど嫌がって泣いていて、「いやよいやよも好きのうち」という展開を期待していた私には、煮え切らないものが残りました。

騎乗位が極端に少ないのにも、ガックリ。

あと調教シーンに期待されている方は肩すかしを食うかも。

ニセ浣腸ならいらないでしょ。

滝沢さん以下が頑張った演技をしているので、嫌がる女を拘束してヤる、脅して無理矢理…というのがお好きな方は満足されるかもしれません。

最後まで堕ちた印象を与えない主人公は、やっぱりある意味リアル。

個人的にはAVにそんなリアルは要りませんが。

絶望的な未来像

相変わらず絶望的に堕とされた女の描き方がうまいですね。

特にこの女優さんの場合は目がきれいなのでそそられます。

本編はこちらから