【濱田はるか】おっぱいはいいんですよ、おっぱいは… – 爆乳はるか 顔出しJカップ! 濱田はるか

本編はこちらから

顔が見れたのはいいんですが・・

前作はマスクでの登場でしたが結構顔もいい顔してるし、白い肌とお腹についた肉がそそります。

ストーリーとしてはあまり面白くなかったですがこの娘のおっぱいで許してあげます。

このほかはあまり作品がないのは残念ですがきっと復活してくれるものと信じておきます

良いおっぱい

最後のセックスの騎乗位ディープキスが最高。

顔もちょいブスで程良い感じ。

おっぱいはいいんですよ、おっぱいは…

初めての顔出しだそうですが、正直パッケージ写真に騙されました。

まあ、不細工とは言えないので許容範囲内ですけど、ちょいとばかり太ましい。

こことボンボンチェリーの作品にはいつもパッケージで煮え湯を飲まされている感が(それでも後日、性懲りも無くまた引っかかりそうなのが巨乳マニアの性ですがw)。

しかしまあ、肌は白いもっちもちで嫌いじゃないですね。

おっぱいの張りはあまり無いですけど、吸った揉んだされてるシーンはそれだけにアダルティックな趣が感じられました。

しかしこの女優さん、笑顔はいいんですけど肝心の行為の最中の表情が淡泊と言うか…。

でも作品構成、何とかなりませんかね?男優二人責めが終わってから次のパイズリシーンなんかは10分ちょっとしか無かったり、その分最後の男優との絡みはダラダラ延々と続くしで。

その最後のプレイも、ローターを使わせておきながら彼女はあまり感じている様子もなく、その間中男優はストッキングを毟るばかりで結局ローターもあっさりと捨てるしで、何のための小道具だったの?みたいな気がします。

いや、女優さんの素材は悪くは無いんですよ。

ただ、今回の様に展開のバックボーンがいまいち掴めない状況下では、今ひとつ馴染んでなかったかな?みたいな。

こういうタイプの女優さんは、人妻モノで旦那の留守中に闖入してきた変質者に陵●されたり、女教師モノで数人の生徒に輪●されたり…みたいなシチュエーションの方が映える気がします。

ちょいとした『母性』を感じさせてくれる女優さんだけに、余計にそう思えました。

本編はこちらから