【牧村彩香】衰え知らずの永遠の美魔女 – 娘の彼氏に膣奥を突かれイキまくった母 牧村彩香

本編はこちらから

このシリーズの中でも彩香さんのエロさは1級品

夫の出張中に、娘「ひかり」が連れてきた恋人「悠太」(堀尾貴英)を夕食に誘う「牧村彩香」。

手伝いますよと申し出られる。

冷蔵庫を開けて肉がないのに気づいたふりをし、ひかりを使いに出す。

流しで人参を洗う悠太に手ほどきして、手に触れる。

胸を上腕に押しつけて、誘惑。

水栓を締めて、「いや、実はね、悠太君と2人きりになりたくて、ひかりにお買い物いってもらったのよね」「え、え?」「悠太君のこと、ずっと『いいな』って思ってて」と逞しい体をまさぐる。

何かスポーツをやっていたのかと訊いて、サッカーだと答えられる。

「じゃ、サッカーやってたんだったら、ゴール入れたくなるでしょ?」「お母さん」「あら?」と股間の膨らみで手を止め、「悠太君」「あ、はい」「おばさんのこと嫌?」「いいえ、お母さん」「うん」と舌を絡めて掌を胸に導く。

ノー・スリーヴのシャツをたくしあげられて胸を揉まれる。

ドアの開閉音を耳にして、慌てて躰を離す。

スマホを忘れたひかりが、リヴィングに戻ってくる。

ひかりの眼を盗んだ彩香は、悠太にべろキスして胸をしだかれる。

スマホを見つけたひかりがまた出かければ、リヴィングで彩香は悠太と舌を絡めて胸を揉まれる。

ソファでシャツをたくしあげられてブラをずりさげられ、巨乳をしだかれる。

前掛けを外せば、乳首をつままれて吸われる。

タイト・スカートをまくられて股間をさすられる。

ショーツに手を挿れられる。

ショーツを脱がされて即舐め、指マンされ、即尺。

正常位と対面騎乗位で腰を振る。

スマホにひかりから着信して、キッチンで「ゆっくり帰ってきていいのよ」などと受け答えしながら、バックで貫かれる。

電話を切って、ソファで正常位で中出し。

ひかりの留守に訪れた悠太に、玄関で謝られる。

抱きしめて「私がね、いけないの」と慰め、べろキス。

裸になって浴室へ。

洗い場で洗体。

巨乳を手洗いされて、乳首コキ、パイコキし、泡をシャワーで濯ぐ。

手コキで胸射されて舌を絡める。

ベッドでべろキスして、耳朶や首筋や腋の下を舐められる。

スリップをはだけられて乳首や背中をねぶられる。

股間をいじられて尻を揉まれる。

ショーツを下ろされ、アナルや陰核を舐められて指マン。

吸茎、パイコキして、69。

スリップを脱がされて、正常位、後側位、背面騎乗位、撞木反り、後背位、伸脚後背位、屈曲位、正常位で膣内射精。

お掃除フェラして、その舌を口に挿れる。

衰え知らずの永遠の美魔女

四十路のGカップ女優「牧村彩香」主演による寝取られドラマ。

とある昼下がり、牧村家のリビングで談笑する三名の男女。

娘のヒカリとその彼氏ユウタ、そして、ヒカリの母アヤカ(牧村彩香)。

夫は長期出張中で、牧村家に「男がやって来る」のは、実に久しぶりである。

途中、買い物へ出掛けることになったヒカリ。

もっとも、これはユウタと「二人きり」になるためのアヤカの策略。

「優しいお母さん」の仮面の下に隠していた「妖艶な魔女」の素顔。

自らの歪んだ性欲を満たすため、「娘の彼氏」を平気で寝取ろうとするアヤカ。

年齢を超越した美貌とGカップの卑猥なおっぱい。

女性経験が少ないユウタにとって、まさに彼女は「抵抗不可能な絶対的存在」。

理性を失った彼は、ゴムなしの生チ○ポを盛りのついたサルのように延々と挿入し続ける。

「恋人の母」にたっぷりと膣内射精(中出し)したユウタは、我に返ってようやく「事の重大さ」を知ることになる。

それでも「時すでに遅し」である。

後日、ヒカリの居ない時間帯に牧村家へやって来たユウタは、バスルームでの混浴プレイ(全裸手コキ)で大量のザーメンを放出。

「ヒカリ、今日は友達の家に泊ってるのよね」というアヤカの一言で、ユウタの性欲はギュイーンと急上昇の限界突破。

邪魔者は誰もいない二人だけの空間でひたすらセックスに没頭するアヤカとユウタ。

年齢を重ね、おっぱいは垂れ、身体のラインは徐々に崩れても、衰えぬ美しさと人間離れしたフェロモンで若い男を虜にする牧村彩香という名のエロスの化身。

本編はこちらから