【百合川さら】拘束器具にこだわりすぎ – 手を使うな。 百合川さら

本編はこちらから

拘束器具にこだわりすぎ

百合川さらの魅力は、スレンダーなボディはもちろんのこと、顔だちと不釣り合いな大きめの乳輪。

そのアンバランスが素敵です。

この作品はタイトルの通り、拘束器具を使っての凌●がメインですが、サンプル画像にあるような拘束器具が、このシチュエーションで必要あったか、と思いますね。

拘束器具は、もちろん女性の動きを制約するためのものだけど、手枷とか普通のロープで十分ではないかと。

その分、胸を縛ってほしかったですね。

拘束器具が大きすぎて、男優もさらさんの「取り回し」に苦労している感じがします。

一番萌えたのは、最後のテーブルの下でのフェラシーン。

さらさんの表情と発する言葉がとてもよかった。

拘束したさらさんに、そういう言葉をたくさん言わせる、そこをフィーチャーした方がいいんじゃないかと思います。

本編はこちらから