【百瀬優子】リアリティー。 – 美人メイクさんヤっちゃった。

本編はこちらから

女優さんのクオリティが高い

女優さんのクオリティが高い。

細身の腰履きデニムが似合うし、顔も100点満点ではないだろうけど、誰にとっても合格点だせそうなかんじ。

実際、いそうなところがよいです。

それで、仕事ほしさについ一線を越えたことをネタに、いいようにもてあそばれ・・・。

いい展開です。

デニム履いたままでブラを自分で外して、トップレス状態で謝るように強要されるあたり、個人的にツボでした。

ただ、目隠しいらんかったね。

恥ずかしがる表情が見たかった。

メチャ惜しい

最後の絡みがレズだったのが個人的には気に入りません。

それ以外は最高です。

あと一歩で『殿堂入り作品』でした。

隠し

隠し撮りの雰囲気がよくでてまして最初のカラミも面白かった。

メイクさん美人でエロです。

ヤラセ!?かどうかは見た人の判断でよいのでは。

モモちゃんやられまくり

美人メイクのモモちゃんが次の仕事をもらおうと監督を枕接待したところをつけこまれやられまくる。

モモちゃんは美乳でスタイルも良く、ジャケットでは井川遥似であったが実際は似ておらずそこそこの美人。

ボスに怒られて強●的に犯●れ尻の穴に指を入れられる。

最後は月野しずくと桜田さくらにペニバンで犯●れるが二人のタチっぷりが秀逸。

モモちゃんも感じている。

前作の美人AD編が良かったので期待して見たが、本作はややリアリティ面では劣っている。

モモちゃんが本当は誰なのかはあまり追求しないのがこの手の作品を楽しむのAVファンのマナーであろう。

その他ヴィの星ありすマネージャー編も楽しめた。

ただし、最初はインパクトがあったこの手の作品もあまり多くなると面白みが薄れてくるのは否めないが、結論としては本作は面白かったといえる。

純粋なレズ作品だと良かった

最後の桜田さくら、月野しずくによるペニバンファックは秀逸だったが、もっと長く、それこそ全編レズプレイだけだとなお良かった。

桜田のペニバン使いが上手いのはよく知られているが、月野もかなり激しい腰使いで◎。

百瀬というのはAV女優ってわけじゃあないようで、この作品のみの出演。

希少価値極めて大と思います。

なかなか

よくある企画もんで作品じたいは、どうこうはないんですが~いかんせん女優さんがイケテたのでOKです。

リアリティー。

この手の作品って、ちょっとした場面でリアルさを感じちゃうとメチャメチャエロくなるものなんですな。

これ、壺にはまる人にゃメチャエロです。

本編はこちらから