【矢田美紀子】ねっとり – 義母奴●‐特別編‐ 矢田美紀子

本編はこちらから

無理やりイカされる

夫の部下との不倫を盗み見た義息に脅されて犯●れるストーリー。

義息役の男優さんの陰湿な迫り方が作品に微妙な緊張感を醸し出している。

女優さんの台詞廻しはイマヒトツだが、発する卑猥な言葉も脅されて無理やり言わされているのでさほど気にならない。

カラミは2回、嫌々ながらも無理やりイカされそうになり必死に耐える姿は見ごたえ十分だ。

女優のエロスキル高すぎ

この作品の前にデビュー作を見ることをお勧めする。

正確には再デビューだし、貞松とのカラミとかはうんざりだろうけど(笑)。

夫を裏切る背徳感にハマって浮気がやめられず、夫の部下との浮気も経験済みというキャラだというのを前ふりとして知らないと、最初の本番が夫の部下との浮気である意味合いが分からないかも。

これはドラマでありながら部分的には疑似ドキュメント。

弱みを握られて脅迫され、性奴●にされて強●中出しというシチュエーションで、しっかりエロのスイッチが入って感じまくってる女優のエロスキルはかなり高め。

適度な熟女感も役どころの邪魔にならない。

この監督の作品も正直クオリティがいまいちと感じることがほとんどだったんだけど、この作品はオーソドックスながら女優の良さを邪魔していない。

ちょっと気になるのが男優の腹の出方。

息子系男優だったけど年齢がごまかせなくなってきたのか、腹から下は立派なオッサンになってきちゃった。

ちゃんと絞り込まないとオッサン役しかできなくなるよ。

それと、自分から喉までイラマチオしてる女は頭押さえて動かす必要なし。

仕事してる気になりたいんだろうけど、女優の邪魔をしないことも男優の仕事のうち。

そのへんで星1つ減点。

すこし 期待とは違ったかな

「奴●」というほどのことはなかった。

2000年代からの 「義母奴●」を好きで視聴したものからすると、かなり雰囲気が変わってしまった。

その点が 残念。

このシリーズの過去の作品で パターン化されていたものがいくつもあるが、そこから取り入れるべきものが あると思う。

ねっとり

パケ写は結構修正が入っているが、それでも十分イケるぐらいねっとりいやらしい。

中盤と後半の絡みは結構な長時間であるが、何度もイって、飽きさせない。

女優さんのエロさが素晴らしい。

パケ写は加工されているが・・・それと女優さんの鍛えられた体もすごい。

腹筋がチョコレートなのはもちろん、ちゃんと外腹斜筋も鍛えられており努力の結果がうかがえる。

このレーベルは賛否両論あり、私も最近は避けていたが、これは見る価値ありだと思う。

本編はこちらから