【立花瑠莉】美人が – 触手堕ち!異種孕ませ極限快楽FUCK 立花瑠莉

本編はこちらから

とりたてて……。

撮りながら、『こうじゃないんだよなあ……』というスタッフの心が見えるような平凡作。

相性があるので致し方ないが、撮っているほうが過熱するような化学反応がなかったのが残念。

演技力を求めるのは酷な所もあるが、単調な嫌がり方、自分から求めていったあとで本気で嫌がるなど、『堕ちるまでの説得力のある流れ』が感じられない。

タイトルになっているのだから、そこは丁寧に描いてほしい。

二度目の絡みでは、まだ嫌がっているにもかかわらず、自分からジャケットのボタンを外していたりと、どうもいただけない。

触手が口を責めるところなども、最初は嫌がる→動きが取れず受け入れる→やがて求める、という流れの重要な要素なのだが、このあたりもあっさりしている。

従来の作品では、唇を無理やり押さえて開かせる触手があったりと、工夫が見られたものだ。

再度の言上だが、触手の先端は亀頭状に変更しましょう。

ゴボウみたいな触手を咥えていても、画的に興奮しません。

亀頭状にして細工することで、たとえば胸で挟む→口を責める→射精という流れができて、いちいちゴボウのあとでメインの触手で同じことをする手間も省ける。

このままでは、このシリーズはとりたてて設定もないまま、『ローションと触手プレイの性感マッサージに来た女性客』にしか見えなくなってしまう。

では、何も見どころがないかと言えば、一番エロティックだったのは、ブラがずれて乳首が見えているシーン。

もはや触手は関係ないのだが。

クラウドファンディングなどで、一大触手作品のための製作費を集めていただきたい。

これだけ手間と熱意のかかるジャンルを、制約の中で作り続けるスタッフの妄想を大いに再現させてほしい。

一大企画として持ち上がった時には、再三申し上げている触手ボランティアも、やぶさかではないのである。

孕まない

このシリーズはいずれも「孕ませ」と付いているが一度も孕んだ姿になったのを見た事がない。

触手によって人間とは異なる大量の精液(そう呼ぶかどうかは別だが)を体内に放出され続けて妊娠してしまう設定が時にはないとタイトルからして騙している事になる。

今はニセのボテ腹スーツも出回っています。

悪阻表現なども取り入れて流れをリアルなものにして欲しい。

美人が

立花瑠莉のような美人が、善がるようすは、どんな形でもやっぱエロいですね!マグロ感満載!触手の挿入なしと・・・このシリーズとしては最悪かも知れないが・・・・なんか悪くなかった。

極太バイブで、オ○ニーで逝きまくるようすは、エロかったのでそれを、触手とのカラミでも魅せて欲しかった。

触手に話しかける感じは面白かった。

本編はこちらから