【篠田ゆう】全身網タイツのパイパンがエロい – SODロマンス 痴●学園 〜高い理想で臨んだ教職だったが、権力に屈し被虐の悦びに堕ち、生徒に跨り自ら腰を打ちつける女教師ゆう〜 篠田ゆう

本編はこちらから

演出がこまかいね

鏡でスカートの中を覗く、まずそこでぐっときたね。

女の股を開かせて 局部に中々触れずに焦らすとか。

着衣も何回か替えている。

 篠田ゆうのからだの柔軟さ、くねくねするのがとっても女そのものを感じさせる。

全身網タイツのパイパンがエロい

タイトルに権力とあるが教育界ボスの息子に調教される話し。

同級生もおこぼれもらえるので従っているだけ。

後半1時間がメインの教室での課外授業。

前半はそこに至るまでの説明映像で、生徒の高沢からのレ○プ腹射、翌日のノーパン・ノーブラ授業、教室の外で高沢からオナ強要、トイレの個室で生徒の連続フ○ラ抜き。

課外授業は放課後の教室でゆうによる性教育。

全身網タイツの身体見せ、パイパンの股間見せ、ドックスタイルの尻振り、M字開脚の股間見せと指入れ・クンニ、ドックスタイルでバイブ責め、犬のまま歩き回り。

「チ○ポ欲しい」とフ○ラからイラマ、高沢にまたがり騎乗位で腰振り、大開脚騎乗位で下から突かれ、背面騎乗位でクチュクチュ音をたて腰振り、バック突きから正常位で舌上射ごっくんお掃除フ○ラとフルコース。

ラストは全裸の身体を大勢にさわられる映像に、生徒たちに触られ痴●好きの女教師に溺れていますの独白。

作品コンセプトが曖昧、痴●物なのか衆人環視調教物なのかどちらも中途半端。

脚本とカメラ割りが練られてない。

ゆうが全身網タイツ着る理由はともかく、生徒たちの衆人環視下で、高沢に犯●れているのにゆうのアップだけでは情況が判らない。

冒頭の不安感を煽る音楽も耳ざわり。

全身網タイツは好みによるが、本作品で全裸になるのはラストの独白部分だけ。

せっかくのパイパンが残念。

パイパンにおまけ評価。

本編はこちらから