【篠田ゆう】気に入った。今後に期待。 – 人妻肉体担保-金の為なら我が身でも- 藤江由恵 篠田ゆう

本編はこちらから

カップリング、良。

こういったカップリング的内容の作品はえてしてどちらかの女優がハズレといった場合が多いものだが、今回は珍しく二人とも「当たり」の女優だったのでラッキーだった。

肌の露出も多く、着衣のまま慌ただしくセックスが終わっていくといういつもの残念な内容でないのもうれしい。

エロ過ぎです、由恵さん!

ながえ作品かと思った。

FAもこういう作品を作れるんだと驚きもした。

それもひとえに藤江由恵の好演によるところが大きい。

2部作だが由恵作品についてのみ。

ながえ作品でも良かったが、当初おどおどこわごわのど素人を感じさせる仕草は実にいい。

恩義ある大将のために身体を提供する場面、強●場面は固唾を呑んだ。

1回目のおどおどから2回目の開き直り的セックスや自ら舌を出す流れも、セックスレスの素人女はこうなるのではと思ってしまった。

由恵の物憂い表情は理不尽な強●作品で一段と冴える。

顔も身体もいいし、太腿なんかエロ過ぎ。

ただ靴下履きだったことだけが残念、反り返る生足裏が見たかったのに。

由恵の禁断作品(たとえば姉弟もの、由恵が年上)が是非見たい。

挿入がなくても充分エロい女優なので。

河合美智子に似た藤江、斎藤由貴に似た篠田

金の為に我が身を投げ出すので、女の潔さと背徳感を見れると期待したのだが、前半、後半の主役は共にスキモノで、藤江は陰部を擦られた時点で落城、篠田はクンニで落城、と早い。

 落城してしまうと単なる絡みの描写で終わってしまう、従って内容は乏しい。

 藤江はFAプロお好みの大沢萌、のような愛嬌のある顔で大沢の団子鼻よりは鼻筋が通っているが、陰毛の処理をして欲しい。

 剛毛がぼうぼうでは引いてしまう。

 篠田は若い頃の斉藤由貴とそっくりで、彼女のセックスを見ていると思えば値打ちが出て来る。

 良い女優を使いながら、筋書の設定が安直なので興奮はしない。

気に入った。今後に期待。

FAらしいがFAらしくない染島貢のセリフの言う時の顔・小沢とおるのキスシーン・ストーリーを飾るエキストラの顔ぶれ・ストーリーの展開。

ここ最近のFAの作品の中でトップクラスのものだと思う。

初めてこの監督の作品を拝見したが好きになりそうだ。

本編はこちらから