【美咲沙耶】タイトル通り – いやしの淫語 Healing Obscene Words 美咲沙耶

本編はこちらから

美少女系淫語の秀作

単体物という事であまり期待していなかったが、このカワイサで淫語炸裂、非常にエロい。

淫語の「言わされてる」感が無くナチュラルで良い。

淫語上手でgood

美咲沙耶は初めて見ましたが、美少女というのは言い過ぎかな、と思います。

が、まあ可愛い方だと思います。

エロさは充分だし、淫語も非常に上手いので、それ系が好きな人には充分満足できる1本だと思います。

ほぼ全編主観映像で、個人的には入院SEX編が一番エロくて良かったです。

しかし、オナニーは2パターンも要らないと思います。

せいぜい1パターンで充分ではないかと。

あと拘束いじめ編も、パスですね。

淫語と言えば、やはり痴女で責める、と言うパターンを思い浮かべます。

本作では「全身リップ」「放課後SEX」「入院SEX」の3編がそれに当たると思いますが、3編では物足りない。

オナニーを2シーンも入れるくらいなら、痴女のパターンをもっと入れて欲しかった。

卑猥なお姉さん

淫語も良いしスタイルもGOOD。

美少女と言うより卑猥なお姉さんちゅう感じかな

いやされませんが…

決して癒されはしませんが、充分Hな気分を満喫できるイイ作品です。

男優の体や声など余計な物を排除した淫語に拘りのある作品だけに、聞き取りやすく雑音も有りません。

淫語ファンにお勧めできる数少ない作品の一つです。

偏差値54程度の女優です、切なくヤラシイ視線で語りますよ!

上々

淫語責めをモットーとしてる作品の中でもかなり上質の仕上がり。

淫語好きの私もかなり楽しめました。

淫語で責められるのが好きな方は一度見てみた方がいいよ。

淫語

この女優は初めて観たが淫語炸裂だし演技も上手い。

しかもナイスバディー。

エロくて抜きどころ満載。

言わされてこそ、Mの淫語

「淫語」というと、一般的に「S女」というイメージが強いだけに、「M女による淫語」というコンセプトは、非常に新鮮である。

なにもS女の淫語だけが淫語ではないはずだ。

主演の「美咲沙耶」は、このジャンルにおける実力者だけに、淫語のボキャブラリー・表現力・安定感のすべてが抜群である。

もっとも、「Mの淫語」といっても、話し方を多少優しくしただけで、「Sの淫語」との違いは、ほぼ皆無。

そう考えると、自ら積極的に言うのではなく、あくまで「男に言わされる」というシチュエーションの方が良かったような気がする。

音で勝負!!

このメーカーは映像で魅せる可能性を完璧に捨ててるけど、それ故に音声のこだわりがすごくって淫語好きとしては高評価したいとこ。

もっとコスプレとかシチュエーションとか凝った作品も見たい!

お暇なら

パケ写を見ててっきり若妻物だと思ったら、美少女という設定で違うという印象。

この顔は若妻でしょう。

淫語については及第点です。

お暇なら見てよねという感じです。

タイトル通り

やさしく語り掛けるような口調はまさにタイトル通り「いやしの淫語」だ。

女優は少々老け顔であるがスタイルがよく、特に胸の形がよく柔らかそうで、乳輪が大きめなのもエロい。

カメラアングルもよく、女優の感じている時の表情や声もよい。

本編はこちらから