【美月ゆう子(長瀬優子)】美月ゆう子ファンには一推しの作品 – 近親相姦 母子偏愛 美月ゆう子

本編はこちらから

カメラワークで猥褻がエロタィシズムへと変化

小柄な女優は好みでないので避けていたが、諸氏の評価が高いので掟を曲げて鑑賞した。

 佳作であり、女優の顔と身体の表情(本気か演技か、そんな事はどちらでも良い)とカメラワークが良い。

 絡みは三人の男が相手で4回あるが、12分から22分までの最初の絡みが良い。

 カメラが良いので猥褻図画もエロティシズムへと変貌する。

 特に冒頭の着替えのシーンは良く工夫されたカットである。

 男優三人は好演とまでは行かないがまずまずである。

 女優に三人との絡みの感想をインタビューする所を特典映像として付けるなんて企画はどうだろう。

 アッケラカンと喋るのか、恥ずかしがりながら喋るのか見てみたい。

美月は???

美月は長瀬優子時代、通販専門の熟女エロ写真集で宣伝スチールに使われ、本当にきれいな大人の女だな、と思ったものだが、AVに俳優として出るとイマイチ。

からだが小さいので(出るところは出ているが)、雰囲気で見せるタイプだが、セックスしてようがしてまいが、いつも眉間に皺を寄せて深刻な感じ、というイメージがある。

演技しようと無理してるのかなあ。

写真集だけ出てたらいかが?

熟エロ

私も中年のオッサンとのカラミがエロくていいと思いました。

半レ●プシーンも良かったです。

なんともいえない熟な美しさのある女優です。

かなりいいねぇ~

生活感が出ていて実話にありそうな雰囲気だ。

会社勤めをしている視聴者の中には彼女に似た社員も居そうな、そんな顔立ちの女優で身近に感じる。

最初の場面の亡夫の親友とのセックスはなかなかリアルでこんな女性とのカラミの言葉もつい同情してしまいそうな感覚だ。

そして彼女を抱くときも雰囲気も十分に出てる。

ここまでで3回は抜けそうだ。

残念なのは半ばの強●シーンでなにも尻を叩かなくてもいいじゃないかと思う。

それと後半の息子(役)が動きが遅すぎて、これなら前半だけのからみを濃厚にしたほうがもっといい作品になる。

彼女の感じる表情は私生活でのセックスを思わせてそそられるし、ナレーションにも気遣っているところがいい。

評価を少し下げた理由は なんといっても「東城えみ」の作品があまりに絶品だった為で、もしこの作品を最初に見ていたら、実在しそうな場面を持つこの作品を第一位に推薦する。

美月さん素晴らしい

美月さんは最高だ。

カラダで切なさ、情感を表現できる希有な女優さんだ。

高い充実度

幼馴染との本番とバイブ責め、息子の知人との凌●本番、息子との本番と内容の充実度は素晴らしい。

アナルもはっきりと見える場面もあり、カメラアングルもいいと思う。

また、太りやすい美月さんであるが、この作品のときの体は結構絞れており、体の線も綺麗であった。

美月さんの作品は、岡崎靖子時代から相当見てきたが、内容の充実度はかなり高い作品であると思う。

熟年の絡みが非常によい

作品は母子の偏愛ですが、母親と中年男の絡みが非常に淫靡で濃厚で美月ゆう子さんの魅力を満喫することができます。

マドンナ作品でお気に入りの作品です。

設定がおかしい??

熟女の女優としては、★★★★です。

布団の中のSEX 声を押しこらえた場面は、いい感じです。

息子の妄想のオナ◎ーもいい、パンティのマン汁を嗅ぐ場面は、妄想の世界。

強●気味のSEXは、イケマセン× ヒョウ柄の下着でのSEXも中々の物です。

息子のSEXもソソルものでした。

部屋の設定が、おかしいです、テレビがレトロで携帯電話を使用~~時代は、昭和ですか??

近親相姦

美月ゆう子さんの迫真の演技すごいです~本当に感じないとあそこまでは出来ないでしょうね~ぼくは息子さんのように、ゆう子さんの虜になりました!!ゆう子さんとぜひ一度結ばれたいとおもいました~今日は三回もオナニーしてしまいました~

いいね

近親モノとしてはTOPレベルいいです抜きどころも満載です女優さんもいい演技してますよ^^

何たって美月ゆう子

ちょっと険のある顔だが、微妙に生活感のあるところがいいんでしょうね。

いかにもAV女優、という感じではないし、さりとてタダのオバサンでもないという。

愛人にエッチな下着を着るよう強●され、ヤラれるシーンはなかなかでした。

全体の作りとか、母子相姦に至るストーリーとかイマイチなんだけど、この人が出ただけで、いっぱしの母子相姦モノになってしまうのはスゴイ

美月さんは母親物にピッタリ。

母親物の女優さんに求められる要素として、身近にいそうっていうことが大事だと思います。

かといって生活に疲れ切った感があったり、身体が崩れ過ぎていたりすると、それもまたマイナスです。

やたらと派手で肉感的な必要はないし、それよりも身持ちが堅い、道徳心があるって感じさせるのに適しているかの方が大事です。

その意味では美月さんは母親物にピッタリな女優さんだと思います。

この作品では亡くなった夫の旧友との絡みが二回、息子の友人と息子の絡みがそれぞれ一回ずつあります。

その中では、冒頭で夫の旧友に布団に入ってこられ求められる場面がなかなかGOODです。

声を出さないように堪えようとしている演技にそそられます。

美月ゆう子ファンには一推しの作品

それほど多くの本数を見た訳ではありませんが、この作品は購入しても損は無いと思う。

私的に持っているこのジャンルの作品の中でも、一位か二位の作品です。

本編はこちらから