【花岡よし乃】別名義 – 母子交尾 〜駒寄路〜 花岡よし乃

本編はこちらから

薄い恥毛、モザも良心的、熟老年層の助平に最適の作品

主演の花岡は身体は華奢だが、お顔は年齢が現れている。

 右翼の論客、櫻井よし子が乱れるとかくありなん、と思う。

 既に肉体関係にある母子なので、旅館に着くと母の方から攻め始める。

 自ら下着を取り、息子の顔に跨り、クンニを求める。

 60分からは露天風呂での交接、花岡は髪をupに纏め、紅を引いて妖艶な浴衣姿で登場。

 フェラ、クンニと進むが、さすがベテラン女優だけあってカメラに映る姿を知悉しており、フェラの表情、クンニを受ける態勢、喘ぎ方など視聴者の劣情を刺激する。

 白日の下での撮影なので何時にも増して、本人が興奮しているのではないか、と思う。

 花岡はクンニが好きなのか、度々要求して小生を満足させてくれる。

 フェラも優しく、「俺のも頼む!!」と思わず腰を浮かせてしまう程である。

 本シリーズは筋書が固定しているので、色々な性技は見せてくれるものの、自慰を見せてくれた作品は少ない。

 「お母さんがオナニーしている処が見たい」と息子が要求すれば良いだけの事なので、是非とも定番化して欲しい。

卓越した演技力

「川原小百合」時代の「石和路」、「吹雪しおり」時代の「上州榛名路」に続いて、3度目の「母子交尾」出演になる花岡よし乃さん。

息の長いこのシリーズだが、3回出演しているのはよし乃さんだけ。

スタッフのよし乃さんに対する評価の高さがうかがわれる。

「石和路」と「上州榛名路」の息子役は同じ「宏彰」(小野瀬雅生こと吉宗)で、正続編ともとれるストーリーだったが、本作の息子役は「太一」に変わっており、ストーリーは一新。

群馬県駒寄で暮らす花岡家だが、泥●した夫が農業用水に転落して溺死。

よし乃は寂しさから太一と相姦。

職を得るために上京するが、亡夫の命日には事故現場を訪れるのを欠かさなかった。

その年も用水のほとりに供花。

太一に唇を求められるが、亡夫に見られている気がして拒む。

温泉宿の客室でまた抱きつかれる。

緑茶を口移しで飲ませて、舌を絡める。

胸を揉まれて、紺のノー・スリーヴのワンピースの襟ぐりに手を挿れられる。

白いカーディガンとワンピースを脱けば、胸の谷間に顔を埋められる。

花柄のブラをはだけられて乳首を吸われる。

ブラを外されて、太一の乳頭をねぶる。

唾を亀頭に垂らして手コキし、陰茎や睾丸をしゃぶる。

馬乗りで陰部を陰茎に擦りつける。

パンストとショーツを下ろして顔面騎乗し、69。

騎乗位、前座位、後背位、正常位で中出し。

脱衣所で太一の浴衣を脱がして露天風呂に入れる。

赤い半幅帯と腰紐を解いて自らの白地にピンクの花柄の浴衣も脱ぎ、掛け湯して湯船に入る。

太一にべろキス、手コキし、乳頭や陰茎をしゃぶって、口内射精。

乳首を吸われて、手マン、舐陰。

洗髪し、腕や陰茎を手洗いし、背中をボディ洗い。

手コキでまた射精。

布団で舌を絡める。

胸を揉まれ、浴衣をはだけられて乳首をつままれ、吸われる。

裾をまくられて指マン。

浴衣を脱いで舐陰。

陰茎や睾丸や乳頭をしゃぶって、手コキ。

正常位、後背位、がに股後背位、騎乗位、がに股騎乗位、正常位で膣内射精。

指で精液を掻き出されて、熱く口づけ。

帰途、また用水へ。

太一が「お父さん、お母さんは僕が守ります」と誓えば、よし乃は舌を絡める。

グローバル・メディア・エンターテインメント社のホームページによれば、「吹雪しおり」の生年月日は「1960/06/1」。

これが本当なら、よし乃さんは今年56歳。

とはいえ、美肌でスタイルがよく、何より演技力が卓越しているので、まだまだ活躍してほしい。

傑作: 母子交尾の歴史に残る名作

最初にFANZAへのお願いです。

花岡さんの以前の母子交尾出演作である石和路と上州榛名路の再販を切望します。

母子交尾は二百作以上を超える名作で多くを購入し見ていますが、本作は最高傑作と思っています。

花岡さんの卓越した演技力に支えられ、濃厚かついやらしい「ケモノのようにお互いを貪り合う」セックスが展開されていき、目を離すいとまもないほどです。

花岡さんは、発売日に56歳ですが、真っ白でスレンダーで色の薄い乳首と性器に加え、年齢を感じさせる肌の針とお顔のシワが(失礼を承知で初老の)美熟女の魅力に溢れています。

性技に注文をつける余地などありません。

切なそうにねだり挑発するような目線と仕草で息子を搦めとるセックスに引き込まれます。

母親とこんなセックスを経験したら廃人になりそうです。

既に関係のある母子のシナリオで、構成はいつも通り5つのシーンで構成、1プロローグ→2 旅館へ移動し座布団の上でのセックス(中出し)→3 露天風呂でのフェラ(口内射精)、クンニ、手コキ射精→4 布団の上でのセックス(中出し)→5 エピローグ 旅行後の淫糜な生活が生活を予感させるねっとりとしたベロキスで終了モザイクも丁寧でこの点でも満足のいくものであることを最後に付け加えておきます。

派手さはないけれど

母親の雰囲気と、愛撫されている時の気持ちいい表情が絶品の女の子もち肌がなんとも色っぽいバカボン男優が嫌いなので☆四つ

ほんとに良い

すでに出来てる親子が温泉旅行に。

それじゃ、背徳感が出ないではと心配される向きもあるが、なんのなんの。

親子が自宅でもしてるが、わざわざ旅館に来る、温泉に入るの楽しんでるよう。

よし乃さん、うますぎる。

美しい

花岡よし乃さんの演技がまず良いですね。

息子に対する優しさに溢れている作品です。

よし乃さんの美しいお顔も身体も最高です。

別名義

誰かに観てる似ていると思っていましたが吹雪しおり=川原小百合さんではないですか。

喘ぎ方嫉妬演技(?)など別名義で出演している女優さん多いんでAVはそこも要チェック
本編はこちらから