【花木あのん】痴女ってほどじゃないな – 平成生まれのロケットおっぱい パイズリたっぷり爆乳痴女エステティシャン 花木あのん

本編はこちらから

女優のカラダエロ過ぎ、ただモザイクが。。。

女優は良く見るとあまり可愛くはないが、ボディはエロ過ぎ。

大きな胸に大きな乳輪が妙にエロエロ。

ランジェリー姿も生ナマしい。

カメラアングルや体位もよく、陰部の描写は良いが、モザイクが濃いのでせっかくの描写もイマイチ活かされずなところが残念。

甘え上手な色っぽい巨乳ちゃん

自然な感じでエッチを楽しんでいるのが共感できるあのん。

甘ったるくも激しく感じている。

巨乳にぷくりとしたピンク色の乳輪にも、手を伸ばし、しゃぶりつきたくなることだろう。

それにしてもこの人のキスは、本気で感じようとしているのがいい。

「二作目の借金」を帳消しにする出来栄え

平成生まれのHカップ女優「花木あのん」のAVデビュー第3弾。

「手コキ」をフィーチャーして大失敗した前作の教訓を活かしたのかは分からないが、本作では、彼女本来の売りである「ロケット乳」にスポットを当てている。

今回、あのん嬢が演じるのは、メンズエステに勤務する「爆乳痴女エステティシャン」という、なんともストレートなキャラクター。

正直、やっている事自体は、デビュー作の「高級ソープ嬢」と変わらないが、メンズエステというシチュエーションは、なかなか新鮮。

プレイ中に「もっと突いて!」「チューして!」といった指示を的確に飛ばす辺りは、とても「デビュー三本目」とは思えない余裕に満ち溢れている。

その類稀なる極エロボディーも含めて、改めて「驚異の大型新人」といった印象。

「二作目の借金」を帳消しにしてくれる会心の出来栄え。

適役の痴女振り

全4編で絡みは2回。

エロいエスティシャンがハマっています。

多分地で演じているのでしょう。

パイズリも絡みもあのロケットオッパイを十分に堪能できます。

前半の絡みは結構激しく、鷲掴みにされたり、突かれた時の揺れ具合も格別。

また、後半の絡みも結構楽しそうに絡んでいます。

絡みが中断してパイズリになるのもご愛敬。

合間のパイズリ→フェラ止まりのシーン(サンプル画像全表示で3行目)も見応えがあり、これもこのまま絡みに持って行けば、傑作間違いなしだったのにと思います。

2作目を見て憤慨した方は是非本作を見ることをお勧めします。

痴女ってほどじゃないな

タイトルに痴女とありましたが、そんなに激しく痴女ものではなかったです。

全体的にソフトな感じで、癒し系って感じでした。

言葉責めもないし。

エステティシャンが、下半身のマッサージもいやらしくやってくれる感じですが、あのんちゃんの可愛さと巨乳さが目立ってて良いですよ。

じらしじらしで服を脱いでいくとことか興奮します。

パイズリ発射が多いのも、パイズリ好きにはポイント高いですね。

パイズリでいかせて、すぐ終わるんじゃなくて、谷間にたまった精子をじっくり写してたり、チンチンを綺麗に拭いてくれたり、かなりムラムラ来ます。

欲を言えば、もっといろんなシチュエーション見たかった。

4篇だけでしたし。

そこがちょっと寂しい
本編はこちらから