【荒木瞳】逡巡しながらも息子にせがまれ徐々に躰を開く母親 – 母子交尾 [伊勢原路]

本編はこちらから

近親相姦というゴールへの旅路

設定と演出がまずエロい。

街中でおち合い旅に出る母と息子。

普段通りの平静を装った何気ない日常的な母子の会話。

しかしこの母子には遠くない未来に、初めての近親相姦が待っているのである。

時間が経つにつれ、旅先に向かうにつれ、近親相姦というゴールへと着実に近づいていることが当然、母と息子双方ともに分かっているはずで、その思いを押し殺して互いに日常性を装うところがまずエロすぎる。

しかし旅の途中で息子が襲い掛かりそうになったり、宿につくと息子が母と一緒に温泉に入りたがったり、息子の抑えきれない欲望が緊張感をはらむ場面が何度もあるが、息子の我慢の限界をひしひしと感じながらなんとか手コキやフェラで夜までかわし続ける母。

そしてついに恐れていた瞬間が来る。

1度きりで中出しはなしと念を押す母と息子はついに結ばれる。

母の緊張と興奮を演じる女優は見事だが、挿入と中出しの瞬間はこの作品のクライマックスなので、もっと激しい反応でもよかった気がする。

2回目は息子を受け入れた母の方からおねだり。

すっかり相思相愛の近親相姦関係の深みにはまる。

最後の締めの台詞はつまらなかった。

かなりいいんだけど、ところどころ甘いので点数は1点減点。

ところどころおかしい???ので点数は1点減点。

母子が「セックスすると約束して旅行に出る」という設定ですが、その割には・・・父親に内緒で街中でおち合い旅に出る母と息子、宿に向かう道中で道に迷ったふりをして車中で・・・同じような展開はこのシリーズで見てきたので、これを楽しみにしていたが、ま~停めた場所が、普通に道路だし~!ってのもあるが胸や股間をまさぐり、唇を重ね、手コキでしかもパンツの中で射精ってそりゃあないよ~「セックスすると約束して旅行に出る」なら先ずは人気のない場所で、フェラ抜きでしょ~ 残念。

宿につくと息子が母と一緒に露天風呂に入りたいとお決まりのパターンだがあれ?夜?え~明るい日中じゃないの~ 瞳さんの美しい裸体を天然光で見たい!おっぱいと下を洗い、手コキをせがみ、フェラ抜きってそりゃあないよ~ せっかくの瞳さんの巨乳でパイズリなしですか?!残念。

そして「今日あったこと全部忘れるって約束できる?」1度きりで中出しはなしと念を押されて頷き乳揉み→キス、嫌です。

キス→乳揉みがベストしかも浴衣の下にブラ着けてるし、それも車の時と違うブラ車の黒い上下の下着は中々そそるものだったのに~さらにブラをとっとと外さないで、乳吸いするし、その後外すが、クンニ、指マンし、乳頭舐め、仁王立ちフェラ。

正常位で挿れ、前座位→騎乗位→後背位、正常位で「このままイッていい、お母さん」。

中出ししないと約束しながら中に出してしまった事に一言も触れないの~2回目、深夜、母親、一旦どこかえ行って戻ってきて息子にキスえ~どこへ行ったの?そのシーンいる?「もう一回しようか、太一」母からおねだり。

乳頭舐め→フェラ→手コキ+乳吸い、クンニ→フェラ&指マン。

後背位で繋がって正常位→騎乗位&騎乗位で中出し。

2回目は、深夜でなく、朝がベストなんだがね~瞳さんの身体は良いですね。

何と言ってもおっぱいが最高!大きさもだが乳輪が良い。

それと意外と喘ぎ声が可愛い。

そして最高のおっぱいには騎乗位は最高~基本的には満足なんだけど、ところどころおかしい???ので点数は1点減点。

ぷるんぷるんのおっぱい、言葉少なく、淡々とした背徳感

当時は36歳でまだ若いですね。

しかし、どことなくくたびれた感じ、程よく崩れかけのからだの具合は母親そのもの、熟女そのものという感じです。

少しヤンキーが入っている感じですが、言葉少なく息子の要求に応じ、淡々としごいたり、暗がりの中でセックスをしていく様は背徳感でいっぱいで、母子交尾シリーズならではです。

妙な演技が入っておらずとても自然。

演技力なのか?素なのか?起承転結があり、背徳に始まり背徳に終わる、撮り方、展開もうまいと思う。

細部では何と言っても、瞳さんの大きくぷるんぷるんのおっぱいが見もの。

このおっぱいがドアップにされた時、思わず「やらし~」と発してしまいました。

これだけでもいけます!見た目と違って喘ぎ声はかわいい。

基本的には満足ですがせっかくの迫力ある熟女のボディを俯瞰だけでなく、もっとアップで見せて欲しかったです。

和製キャサリン・ゼタ=ジョーンズの喘ぎ

オリエンタルな顔立ちの荒木瞳さん、誰かに似ていると思ったら、なんとキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。

妖艶な白女狐顔です。

その顔立ちとややふくよかな下腹、そして柔らかそうな垂乳に乗っている淡い茶色の魅力的な乳輪。

色白なボディが全部性感帯の様な喘ぎっぷり、特におまんこ挿入した時の優しい喘ぎ声が堪りません。

これで乳首が勃起したらもうサキュバスです。

一晩限りのことにするなんて出来そうもありません。

ましてや忘れるなんて、もってのほかです。

奥に当たる快感を病み付きにさせてあげましょう。

瞳母さんには「もう、ティッシュは使用禁止、私の口の中以外に出したら承知しないわよ」と言って貰えるくらい美味しいザーメンを供給してあげたいです。

たまんねぇ~

荒木さん、気の強そうな美人顔にそそられ購入。

人妻から熟女への転換期的な体型です。

顔の印象よりソフトというか普通のセリフや絡みが非常に良かったです。

美顔なので思う存分抜かせて頂きました。

香里奈似?

乳房(^^)

好きなタイプの女性、タレ気味で(だるんだるでは無い所がミソ)プルン・プルンの乳房が美味しそう、じっくり味わいたい(妄想が膨らむ)この手の親子ものは息子役が冴えないのだが、今作は今どきの若者っぽく良い。

朝、母親から誘いフェラ、浴衣をはだけ(全裸に浴衣エロイ!最高っす)乳首への愛撫でいってしまう、そして垂れ乳には騎乗位が似合うなぁ~この女優さん初見だったのですが、他作品を見ると化粧が濃かったり、太ってしまったりで、がっかり・・・・今作がベスト!!!喘ぎ声も自然で可愛い、良い(^^)

瞳さんはエロさを増してますね

瞳さんの作品は久々の購入でした。

デビュー当時のたどたどしい演技はもう無く、演技力も付いて来た様です。

肉体的にも精神的にもエロさも増してきて、言う事無しですね。

今作は「母子交尾シリーズ」にしては珍しい、母子が「セックスすると約束して旅行に出る」というシチュエーションです。

最初から近親相姦すると判っているのは少々インパクトに欠けるものの、キスの多さが母子の「愛情」を感じる事が出来るのでこれはこれで良いのかもしれませんね。

マイナスにはしませんが、瞳さんには「実の親子」というのは少々早い気がします。

今の瞳さんなら義母というのがいいのでは?

逡巡しながらも息子にせがまれ徐々に躰を開く母親

母親(荒木瞳)にセックスを迫る息子(山口慎次)。

父親に内緒で旅に連れ出し、山道で迷ったふりをして車中で胸や股間をまさぐり、唇を重ね、手コキで射精(擬似)。

ためらう母親と宿の露天風呂に入り、乳や陰部を洗い、手コキをせがみ、フェラ抜き。

「今日あったこと全部忘れるって約束できる?」と念を押されて頷き、乳揉み、キス、乳吸い、クンニ、指マンし、乳頭舐め、仁王立ちフェラ。

正常位で挿れ、前座位、騎乗位、後背位で喘がせ、正常位で「このままイッていい、お母さん」。

深夜、母親のキスで起こされ、「もう一回しようか、太一」。

乳頭舐め、フェラ、手コキされながら乳吸い、クンニ、フェラされながら指マン。

後背位で繋がり、正常位、騎乗位で思い切りよがらせ、騎乗位でまた中出し。

翌朝、「ちょっとだけ帰りたくないかな、なんて……」と呟く母親。

優しげな面立ちの瞳さん。

逡巡しながらも躰を開いてしまう母親がはまり役だ。

本編はこちらから