【藍野夢】単調 – 直下型ディルドオナニー vol.2

本編はこちらから

単調

ディルドオナニープレイをメインに期待しているとプレイ前にアクリル板を舐めたり胸を押し付けたりと無駄なオナニーシーンが長すぎる。

女優も前作より質が落ちていると感じました。

又、カメラアングルは単調で前作の方が良かった。

前作はアクリル板に照明が反射し逆光であったために暗い撮影になったようだが今作品は反射を考慮してか、部屋全体の照明を落としており更に暗い映像となっている。

これがまた更に見辛い。

アクリル板に照明が反射しないくらい部屋全体を明るくした方が良い映像と思われる。

撮影手法に疑問を感じる。

余程、好きな女優がいない限り観るなら前作を見た方が良い。

本編はこちらから