【谷原ゆき】レーティング 4-: 文学的雰囲気? – 官能小説 ころころ 谷原ゆき

本編はこちらから

着物姿が艶っぽくていい

内容は以下の通り1卓上で小料理屋の女将で着物でひびやんと濃厚べろちゅう指マン、クンニ責めにびくんびくん2フェラからの回想sexフェラしている最中に回想シーンに切り替わってひびやんと絡み全裸になり、クンニ責め四つん這いフェラからべろちゅうでちんぽを求めてシックスナインへ騎乗位でぐいぐい腰振りして、だっこちゃん騎乗位でべろちゅうバック~正常位中出し再度、フェラシーンに切り替わりどっぷり口内発射にお掃除フェラ3商談中に倶楽部のママで絡みソファで全裸にされ愛撫責め四つん這いでほっぺへこませフェラバックでパンパン突かれイキ正常位中出し谷原が艶っぽいですね着物姿にぞくりときました絡みは濃厚で良かったですストーリーもあり、男優もベテランで見ごたえありましたね目立たないけどいい女優さんです

割烹着姿が素敵です。

ドラマシーンの上品な感じがそのまま絡みの時にもあって漏らす言葉ひとつひとつが淫らです。

感じている時の悶絶表情がすばらしい。

レーティング 4-: 文学的雰囲気?

官能小説と謳っていますが、淡々として、どこか文学的な雰囲気と言えなくもないです。

谷原女史は落ち着いた魅力を発揮しています。

前半がいいです。

後半は失速気味。

本編はこちらから