【野々宮すず】デビュー作の良さ と タイツフェチには堪らない良作 – 新人19歳海外留学中のバレリーナ女子大生二週間の緊急帰国でAVデビュー!! 野々宮すず

本編はこちらから

ほんのちょっとの帰国中に2社からデビューとは・・!

野々宮すずさん、ほんのちょっとの帰国中に二社からAVデビュー、これって凄くない?本格的なバレーリーナ練習生っぽいのに、こんなことしててホントに良いの?お金のためなのかな~!それにしてはSEXを堪能しているようにしか見えないけれど。

すずさんは、スタイルが良いと言うより、手足の長い、高身長の女の子です。

顔はそれなりに可愛いけれど、イケメン希望という時点で若干ひいてしまった。

お仕置きとして、こんな女、強烈にジャッカルして、ハメまくれ!ダブルアタックでやっつけろ!でも、オフサイドになったら、許してあげよう。

でもね、今度帰国したときは、キモメンをぶっつけて下さい!お願いします。

そうしたら、多分、おそらく、きっと、☆5個あげるカモシンナイ!

バレリーナらしからぬナイスバディ

『白鳥の湖』を舞うバレエシーンは本格的で指先の動きまで美しい。

そのバレリーナという付加価値を除いても十分に魅力的な女優さんだ。

肉感のあるカラダはタフなセックスを支える土台のようだ。

ハリのある美乳(巨乳でもある)はキレイな茶色の乳輪・乳首がエロい。

開脚やY字バランスなど柔軟性があり、ダイナミックなカラミは見応えがある。

感度も良く攻められるとアナルがひくつく。

バレエだけでなくセックステクも具えており、フェラは舌の使い方が巧みだ。

19歳の恥じらいを見せながらも、かなりの好き者らしさを見せている。

この女,SEXのプロ?鉄マン

その演技から,バレエをやっていることは,間違いないけど,少し,バレリーナにしては,ポッチャリ体型の公表,女子大生,野々宮すず,19歳。

恥ずかしながらもチ○ポ好きが伺えるプレイぶり。

フェラからの顔射,マン毛が卑猥,潮噴くオ○ンコ,そして,なるほど,激ピストンにも対応する強靱なオ○ンコ。

初めてのAVで,こんなにガンガン突くのは・・・,当然,事前にOKをとったのか,すずからのリクエストなのかは別として,「この女,SEXのプロ?」と思ってしまう。

しかも「気持ちいい」とまで言っている。

じゃないと,普通の女の子に対して,このAV的激ピストンは,無茶なプレイ。

プロのバレリーナを目指すなら,もっと,ボディーを引き締めないと。

まあ,鉄マンを武器に,AV女優になってください。

B専

顔が、正直かわいくはないんだけど、なんか好きになってしまう。

B専ならわかるはず。

すばらしい素材!お嬢さんがハードに責められる!

遅ればせながらレンタルで視聴しましたが、最近の新人の中ではダントツです。

雰囲気はお嬢さんで少女らしさも存分にうかがえるし可愛い。

最近のロリ風新人女優に飽きてきたので本当に新鮮。

それでこの子の一番のウリはその立派なカラダだ!豊満とまでいかないムチムチの大人のカラダなのだ。

お嬢さんが自分のいやらしい大人のカラダをさらけ出されてハードなSEXを強要させられる。

全然SMでもなんでもないが、そのお嬢さん顔の彼女が立派な身体を無慈悲に責め立てられる様はまさに奴●肉便器であり大興奮した。

フェラもどことなくハードな面持ちで堕ちた性奴●に見える。

良家のお嬢さんをメチャクチャにしたい願望のある人はぜひ見ましょう!

開脚半端ない

バレリーナだけに開脚が半端ないです。

バレリーナに有りがちな線の細さも無く、バランスのとれたスタイルです。

願わくはもう少し陰毛が濃くて、感じているのを表現してくれるともっと良いと思います。

そこは次回作を観てってとこでしょうか…

その辺にいそうな普通の娘

野々宮すず、バレリーナという事なので、もっとスリム貧乳かと思ったら、意外に肩幅もあり、下腹や太腿もムチムチの割としっかりしたボディーなんですねぇ。

あと乳首は黒め。

まぁ、デビューなので当然だろうが、AV女優のやらしい雰囲気は全然無く、恥ずかしいんだろう、ずっとはにかんだ笑顔で、その辺歩いてそうな普通の娘ですね。

あと、本中メーカーからほぼ同時に別の作品が出ていますが、どっちもうさぴょん監督。

どういう意図なんだろ?業界に詳しい方、教えて下さい。

エロいバレリーナ

上品な雰囲気のある本物のベレリーナですね。

よくAV撮影に至りました。

プレイもエロく、資質は高いですね。

ただ残念ながら、あまりカワイイとは言えないかな。

インパクトあるデビュー作

バレリーナと言う特殊な経歴を生した野々宮すずちゃんはある意味インパクトある恵まれたデビュー作と言えるだろう。

監督はうさぴょんなだけに期待値は高まる。

ルックスは極めて普通。

さすがバレリーナだけに脚からお尻のラインが素晴らしい。

もっとお尻からの全体像を見たかったが映像は少なかった。

アナルはオープニングの絡みでの69でのドアップとフェラ中に後ろからの映像でガン見出来ました。

プレイ内容はまだフェラのぎこちなさが気になりましたが、開脚を交えての本番などキャリアを積めば楽しみな女優になるだろう。

肛門のドアップが無いよ!

今どきの新人で肛門丸見えドアップの写真が無いと誰も買わないよ、マOコは丸見えに出来ないんだからさ。

お願いしますよ!

その辺に居そうなのがまた良い

同い年の女優さんなので購入。

どこにでも居そうな子のエッチシーンが観れるなんて幸せですよ。

見た目とのギャップが大きい鉄マン

同時期に違うメーカーから2本発売ということで、どちらにしようか迷ったが、玉木と卓さんが登場する本作の方が、わけのわからんイケメン覆面男より確実と思い、こちらを選択。

比較したわけではないがこの選択で正解だったと思う。

すずちゃんは、本当に留学先からの一時帰国なのかどうかは知りようもないが、バレエの経験が相当あるのは間違いなさそう。

基本姿勢がきれいで踊りも堂に入ったもの。

驚いたのはやんごとなきお家出身のお嬢様のような風情でありながら、経験人数は既に3人で、おっぱいは想像より相当大きく、乳輪は黒っぽくていやらしい。

プレイはバックが好きで、また特訓したせいか、肩幅が相当広く鉄マン。

1番手の玉木は相当激しく突いてたがご不満とのこと。

2番手は男優不明だが、不得意科目のフェラの特訓ということで、顔射で大量精子を浴びて終了。

3番手は卓さん。

いつものやらしいベロチュウのあと、同じく不得意科目の騎乗位を特訓。

けどやっぱりバックがお好きなようで激しく突かれた後、正常位で終了。

しかしそれでもまだ物足りないようで、最後は、細田と黒田による3Pを敢行。

器具も駆使しつつ激しい連係プレイでやっとまあまあご満足いただけた様子。

見た目の大人しそうな雰囲気とは異なり、相当の猛者でないと彼女をつなぎ留めておくことは難しそう。

そのギャップがなかなか魅力的と思える。

今が一時帰国が本当ならしばらく作品は出ないんでしょうか。

もっといろんなスケベオジサンたちの洗礼をうけてほしい相当な逸材と思います。

分からない。

なぜ初脱ぎの最中に男優が入ってくるのか。

台無しだと思います。

あまり可愛くない!!

あまり可愛くはないが、ブスでもない。

パケ写を少しブスにした感じだ。

体は適度に肉が付いていて、胸は大きく背が高い。

性格は明るくいつもニコニコしている。

内容的には、セックスが3回・3Pもあり、アナルがアップになるシーンもあり、まずまず良い。

しかしながら、女優さんの魅力がやや低く感じる。

自分的には次回作を買おうとは思わない。

純朴、恥じらい、それでいてセックス好き

こんな子、どこで探してきたんでしょうね。

AVに出そうにない素朴な女の子。

はにかんだ笑顔が可愛いです。

それでいてセックス好きなんでしょうね。

演技ではなく本気で感じちゃってます。

デビュー作の良さ と タイツフェチには堪らない良作

前評判もそこそこなことから購入。

冒頭に真面目にバレリーナのパフォーマンスからの入りは、本作品への作りに対する制作陣の本気度を感じる。

続いての初脱ぎを含む初絡みでは、均整の取れたバスト、自然な生え方と思われるアンダーヘアを体の柔軟性を活かしての開脚ポーズで、性感帯である、クリとリス、中を弄られている。

興奮ものです。

玉木との絡みも激しくベロ射でフィニッシュ。

初顔射を受けたフェラのコーナーでは、フェラをする態勢を後ろから捉えたアングルでは、アナルが丸見えとなり、ここもプチ興奮ポイント。

肝心の顔射は、射精量も多く、髪の毛を含み顔中心部にしっかり発射。

次の吉村との絡みは、いうまでもなく、マングリ返しでの執拗なクンニなど、いつもの仕事をしてくれます。

クライマックスの3Pでは、上半身は全裸、下半身は薄ピンクのバレエタイツを履いての黒田による立ちバック。

めちゃくちゃ興奮。

個人的には、こが最大ヌキポイント。

攻めはかなり激しいですが、セックスに対する耐性は高そうです。

最後に、全体を通して、男優の攻めに対する反応は薄く物足りなさを感じるかもしれないが、味方を変えれば、絡みでは極めて素の反応をしており、これはデビュー作としては、許容範囲である、
本編はこちらから