【野中あんり】よい! – 縄・インモラル 微乳M女優 野中あんり

本編はこちらから

TOHJIRO監督の声がなければ★5

野中あんりは責められているときの表情も良いし文句はない。

また、縛りや責めが丁寧であることも認める。

しかし、TOHJIRO監督の声がとにかく邪魔をしてくれる。

個人的な感想にはなるが、声としゃべり方が生理的に受け付けない。

音声を消してしまうと野中あんりの喘ぎも聞こえなくなるため、とにかく邪魔としかいいようがない。

野中あんり&TOHJIRO監督 渾身の一作

TOHJIRO監督モノは初めて見たが、監督が力を入れて作った作品だけあって、見ごたえ十分!(収録時間が長いのは、特典映像付きでもあるため)SM調教ドキュメンタリー風な作品なのだが、縄酔いしていく野中あんりの表情が素晴らしい。

セーラー服、体操服、スクール水着、キャミソールと、各シーンごとに衣装が変わっていくのも、コスプレ風で楽しめる。

内容は、緊縛、ムチ、乳首責め、水責め、蝋燭と、一通りの責めがあり、どれもそれなりにハードで抜けるシーンもある。

縛られていくシーンや女優が縄酔いしていく様子がたっぷりと収録されており、シネマジックの「インモラル天使」シリーズが好きな方にはお薦めかもしれない。

凸での責めは、最後の20分ぐらいしかないけど

あんり、の未見作品、久しぶりに見たけど、超微乳なんだな。

ウィキではバスト74cmとなっているけど、本作では65cmとなっていたなぁ。

199分と、いささか長いのが△だけど、あんりの悶え顔をタップリ見ることが出来たのは、○。

しかし、ゲロゲロfellaだけは、いつ見ても…。

セーラー服、三つ編み、SMなかなか良かった。

久々に興奮。

セーラー服少女はやはり三つ編みに限る。

そんな私の理想の憧れの少女が「縄酔いの快感」を吐息まじりに告白してくれた。

久々に興奮した。

あんりさん、スタッフの皆さんお疲れ様。

今後とも三つ編みセーラー服SMの作品をお願いします。

よい!

今はもう引退してしまった野中あんりちゃんがSM好きに残してくれた珠玉の一本。

ハードの極み、拷問ともいえる激しいプレイの連続だけでなく、じっくりと縄を体に這わせていく様が丁寧に撮影されている。

SMは激しさだけに目にいきがちだが、こういう静寂の部分を描くのを忘れてほしくないと切に願う。

本編はこちらから