【野宮さとみ】女優はいいが・・・ – 野宮さとみさんに聞きました『すいませーん!俺の子、孕んでもらってイイですか?』

本編はこちらから

さすが野宮さとみ

自分はすでに8回抜いた。

インタビューでの野宮の躊躇してる表情だけで勃起してしまう。

精子の量は少なかったように見えたが、美少女巨乳ファンにはじゅうぶん抜けるだろう。

普通にエロいね

・イラマ唾OK・中出し汁(少ないので不満)・キスオーラル系OK・全体的なプレイOK作品的には十分抜けるが、汁マニアの俺にとっては中出しザーメンの量が少ないのが残念。

テーマはどこ行った!?

前半~中盤は抜きどころに悩む。

明るい部屋で茶髪のムキムキ男優とただセックスするだけ。

イラマチオは中途半端だし、SEXもありふれマニュアルでいやらしさとは程遠い内容。

肝心の「中出し」もイマイチ感じが出ていない。

唯一納得できたのは画質の良さぐらいか・・。

ラストプレイの3Pでやや濃厚さは増すものの、中盤での大量失点がひびき挽回はかなわず。

ただ野宮さとみちゃんのアクメは比較的良い(激しい)のでファン目線なら半勃起ぐらいにはできるかも?※要はもう少し中出し感を強調して欲しいかったという話。

言葉とか色々・・一応テーマなわけだから。

野宮さとみさんは美人ではないんだ。

化粧で石原さ○みに見せようとしているが、眼のまわりが何だかズズ黒くて変に見えるだけだな。

けどなぜ芸名がさとみなのか、その理由は納得した。

だが、この人は美ではないな。

カラダが太り気味で肉が余り気味なのがいいという人が見るべきだ。

顔頭が小さいので、カラダがデカく見えて、バランス的に損している。

パケがよく撮れているのはよくあることだから、パケにひっかからないように慎重に情報収集すべきだったな。

孕ませ、という着眼点は非常に素晴らしい

野宮さとみさんの体つき、スタイル、そしてねっとりとスケベで本性は気持ちいいこと、セックス大好きと感じられるイメージからは、『孕ませプレイ』というのは非常に興奮させられる。

パッケージもタイトルも非常に素晴らしい。

ただ、内容はそのタイトルとあまり関係ない内容であり、野宮さとみさんの反応もよく中出しもあり、興奮させられるが、はやりパケ買いに近く購入した者としては、その点期待はずれ。

女優さんも気持ちよさそうな、明るい路線のより解りやすい孕ませ(危険日プレイや孕ませプレイ)を今後期待したい。

責め役の責めが直線的なので、単調に見えてしまう

長くなるので前半のみレビュー。

パンティ越しにマン筋擦りまくりH!おまんこ左右に開き、丸見え良。

指マン。

ベロチューしつつ、おっぱいもみしだき。

乳首舐め・吸い。

クンニ。

指マンで絶叫。

69。

イラマ口内射精。

お掃除無し残念。

総じて、逆行して、さとみちゃんの初期作品を見たのだが、責め役の責めが直線的なので、単調に見えてしまう。

もう少し、彼女の美巨乳をねちっこく責めてくれるとか、時間をかけてもらいたいところ。

可愛いですな

この子は他社の作品で見たこともありますが、綺麗可愛いですね。

一見、昔呼んだデリヘル嬢もこんな感じの子でした。

プレイは一通りやっていますが、個人的には男との会話のやりとりで視聴者の感情を入らせ自慰させる作品のように感じました。

ステマばかり

この子はブサ行くだろ。

パケからもわかるがどことなくAKBのやりまんに似てるが、こっちの方がよりブサだ。

ウエイトかけて10日以上待ってやっと借りれたのに見てがっかりだった。

体つきはスレンダー好きのおいらにはイマイチ。

ぽっちゃり好きにはビンゴかも知れない。

肉付きの良い女の独特のむっちり感はある。

レンタルではデビュ作的ですが、セルでは結構な本数が出ています。

気になる人はセルの方でプレビュのチェックをしてはどうでしょうか。

おいらはチェックせずに借りて失敗したと反省しています。

看板に偽りあり

タイトルに誘われ見てみたが、ただのカラミが2回あっただけ。

演出は全くなし。

20年前のビデオを彷彿。

何故かモザイクされる男優。

この男優がただAV女優とセックスしたかっただけのようにも見える。

女優への配慮も乱暴適当極まりない。

演出が無いので孕ませポイントも無し。

最高の女優である野宮さとみさんが出演すれば80点は誰でも取れるが奇跡の0点を叩きだす。

パッケージが秀逸なのでパッケージ制作者に監督をさせるべき。

NONは面白いメーカーという印象があっただけに残念でならない。

最近の全作品に言えるが台本・台詞をきちんと作って出直してほしい。

他社はもっと頑張っています。

女優はいいが・・・

女優は本当に感じている雰囲気でいいですが、中出しはかなり怪しいですね。

本編はこちらから