【金子きい】ノーマルなもののほうが… – なすがままされるがまま 巨乳アパレル店員 きい

本編はこちらから

想定外の演技力

ストーリー展開を字幕で片づけ、淫語も棒読みさせられるまま最後まで行くのかと思っていたら、知人に買われることになった際に見せた“泣きの演技”に驚かされました。

救われるかもしれないという一瞬の希望と、あっさり裏切られた失望。

そして堕ちていく自分への絶望が感じられて、良い意味で裏切られました。

ノーマルなもののほうが…

大島との中途半端レ●プシーンはどこかしらセリフが浮いているようでチグハグ感が漂い、勃起する感興を殺いだ。

途中の無名男優との強●フェラは完全に蛇足シーンで要らない。

最後の山形とのカラミがこの中では比較的ねちっこいぶんだけ良いと思った。

しかし、金子きいのムチムチ感は、こういった作品ではどこか伝わりにくいような気がしてならない。

案外、ノーマルに料理されたほうがいい出来になるのではないでしょうか?
本編はこちらから