【長谷川あゆみ】嫌がり方のツボが・・・ – 拷問の館2 長谷川あゆみ

本編はこちらから

ハードすぎて

シーンごとの責めは女優さんの反応がいいこともあり非常に充実している作品です。

特に後ろ手に縛られて嬲られる場面は鬼気迫るところです。

それにしてもかわいいのにタフな女優さんで、もう少ししおらしいところがあれば、という感じです。

あれあれー

長谷川 あゆみにしては なんだかなー 全然縄に酔っていない 長谷川使う意味あるの

ナイス

最高です最高です!演技も本格的だし嫌がってて絶叫しまくり!責めも容赦なく、泣きまくってます。

もうねとにかく反応がいい!すっごい!

評価がやけに高いが

おそらくこの女優のファンの書き込みなのだろう。

2枚組みなのだが、1枚目の要らない導入部分がダラダラ1時間くらい続きなんかはじめたと思ったら2枚目にということで、2枚目からでもそのクオリティが判る。

終始女優が大声でわめき散らす、つまりヌルイので余裕でわめき散らせる。

静かなのはフェラシーンだけで、何やってんだこいつらって感じでEND高評価の作品には気をつけましょう!!

シリーズ4まで見たけど

シリーズ中最高に良い作品長谷川あゆみの作品を何本か見たがこれが最高良い。

少し大きめの膨らんだ乳輪がそそる

痛そうなのは・・・

あゆみさんはSM的なものが多いが、個人的には奉仕系が一番魅力を発揮すると思う。

そういった意味では今回の作品はちといたぶられすぎているような気がした。

個人的にはちょっと引いてしまった。

なかなか良い

いい女優さんですね。

ごく普通の女性が、いきなり拷問の館なる世界へ連れ込まれるのなら、こうでなきゃあという演技をしてますね。

責め自体は、今一つの感はあるが、それを補っていますね。

もっと評価されていい女優さん

ワンズデビューからずっと大好きです。

冒頭のカラミは前戯なし、擬似、発射シーンなし、流し程度で陵●メインです。

陵●、SMが好きな人なら女優さんの反応もいいし楽しめる作品だと思います。

SMに興味のない自分からしたらカワイソウとしか思えなかったです。

でも長谷川あゆみファンなので評価は普通。

ん~、長谷川あゆみの普通のカラミが見たい・・・。

特に見どころ無し。実はそれほどハードでは無い。

一応、ハードな画にはになっているが、リアル感を感じない。

女優の叫びも、わざとらしい気がする。

評価が良かったので借りてみたが、個人的には失敗。

演技はみんな下手

でも、それをカバーするあゆみ嬢のプレイは最高です。

スタイルもよく、胸もちょうどいい(個人的に)感じで、好きです。

30分過ぎから始まる拷問プレイも、あゆみ嬢が本当に嫌がっている感じがいいです。

あゆみ嬢はこういったM系プレイがよく似合いますね。

ガチです!

一本鞭使っての鞭打ちとそれに反応するあゆみちゃん!いい!!っす。

評価良いのは

アタッカーズの社員さんですか?お疲れ様です。

私はしらけっぱなしだった。

最初から擬似からみだし。

お芝居仕立てで真の反応をぼかしてしまっている。

乱田はやってる事はSMだけど心が無い。

SMは相手を痛みつければ成立するものでは無く、加えて精神的な矯正、主従関係の成立が重要なはず。

言わば精神的に高度なプレイだと思う。

それが出来ないのは乱田がやっつけ仕事でやっているか。

頭が悪いからだと思う。

女優は良いし、ハードな事もやっているのに、制作側のアホさ加減であきれた作品となっている。

絶叫の絶叫

最後に両手吊りの一本鞭責めがあります。

女優のあゆみ嬢はスレンダーでプロポーションの良い女性です。

呼吸するたびにアバラがうっすら浮かぶところが良いですね。

鞭があたるたびに絶叫の絶叫です。

「変態!変態!」と乱田氏に食って掛かります。

音量に気をつけないと…女優がいいだけに、ただひたすら耐えるM嬢を演じれば最高の作品になれたような気がする。

後手観音縛り

柔軟だから出来る技,『後手観音縛り』。

ジャケットにもなっていますが,これは芸術ですね。

鼻フック&開口器で穴丸出しになった,長谷川あゆみのフェイス。

鼻に火がついたタバコを挿入され,大絶叫!!小振りなバストながら,プロポーション抜群の肉体しています。

そんな肉体をスパンキングすれば,これまた大絶叫。

イマラチオで見せる視線は,M女そのものです。

音量に注意

割竹、ビンタ。

開口器を嵌められてのバラ鞭。

鼻責め。

モンキースパナでの乳首を潰し。

水平吊りとバラ鞭。

革靴での踏みつけ。

苦痛にゆがむ顔。

唇は恐怖に震えます。

後手の合掌縛りは本当に大丈夫なのかなと心配をしてしまいます。

両手縛りで天井へ吊られ、バラ鞭、短い一本鞭。

そして長い一本鞭。

「変態」「変態」と乱田氏に毒づきますが、その言葉が見ている自分に言われているようです。

絶叫に次ぐ絶叫。

音量に注意!

最高レベルのイラマ

イラマチオの部分だけで、満点をあげられます。

徐々にハードになるところ、口内へのフィニッシュ、もう最高です♪

初めて見ました。

後手観音縛り!!むちゃくちゃ痛そうに叫んでましたね。

あのまま鞭とかにチャレンジしてほしかったかも…「何にもしてないのに…なんで」と言うところもいいですね。

本当になんででしょうね。

まさに女神

苦痛系のオンパレードだね。

最初の30分は観ることなくすっ飛ばして、縛られてからが見どころ。

とにかく、苦痛系は満足。

さまざまな鞭で尻をしばかれる。

長谷川あゆみの表情はとにかく良い。

後手観音縛りも見どころだが、とにかくあらゆるスパンキングに絶叫する女の姿がたまらない。

イラマと鼻フックは個人的にはいらないな・・・でも長谷川あゆみかわいいし、ハードプレイに耐えるし、まさに女神。

欲を言えば、おっぱいがもうちょっとあった方が縄には映えるんだけど、そんなことは些細なことだ。

嫌がり方のツボが・・・

終始絶叫してるんですが、嫌がり方のツボがちょっとずれてるときがあります。

たとえば、ひもパンのひもをほどかれる時などはもっと嫌がってほしいです。

パンツを脱がされるときというのは、エロ作品のクライマックスのひとつですからね。

また、冒頭のセックスシーンはなんなんですか!?最初に裸を見てしまうと、期待感がそがれます。

制作者はどういう神経をしてるんでしょうか?それと、どうせだったら女子高生ものにしてほしかったです。

長谷川あゆみちゃんはメークしだいで充分に女子高生で通用するのに、この作品のあゆみちゃんはいまいち可愛くなかったです。

本編はこちらから