【長谷川ミク】エロさ充実の一本 – GOKUERO vol.2 長谷川ミク

本編はこちらから

買うなら一作目。パケ写に騙されました。

パケ写とサンプル動画に騙されましたね~。

はっきりいって1作目のが数十倍エロイです。

アナル丸見え、乳首は全透け(ほぼないけど)、一瞬のクリ皮透け?はありますが、股間の接写などほとんどありません。

露出がかなり減っています。

残念だった点をまとめると●露出が激減●カメラアングルとチャプター構成の悪さ●同じようなフェラシーンが長すぎ●エアーファックや責めの内容も中途半端内容について詳しく言うと、全身ラップ巻きも、せっかくキッチリ拘束しているのに、始まってすぐに切りとってしまうし、アクメ自転車もイカせるまでやってほしかった。

最後の野外放置プレイも変化がなく、ただ寒い中の撮影がかわいそうという印象しか受けなかった・・・。

うーん

正直なところ、内容が温い。

電マで潮吹きがあったり全身にローターつけられて木に縛り付けられたりとそれなりに過激なシーンもあるが、露出で同時発売の「Seethrough/冬木優希」に劣るというのはいかがなものか。

乳首もガードされ(ラップで巻かれて透けてるシーンはあるが)股間の接写も甘く前作以下というのは…。

単純にエロいのを見たいなら前作かSeethrough、それかベガファクトリーのRealVenusをお勧めしておく。

エロさ充実の一本

何本もエロイメージビデオを出していて,「GOKUERO」に2度目の出演をした長谷川ミク。

どのシーンもエロさ充実の一本です。

まずは,オイルでテカったケツ肉がリアルで一気に引き込まれます。

水着姿でのアクメ自転車は,少しオマヌケ感があるけど,感じているミクが興奮させます。

極太ディルドを使った疑似お口プレイは,口内汁をタラしながらのプレイ。

かなり上手いです。

拘束されてのローター&電マ攻めでは,イク寸前・・・,いや,イッてしまったかも。

黒のボンテージを着てのペニバン手コキは,女王様みたいでマニア向け。

エアプレイでも感じてしまうエロ女。

屋外での拘束&大量ロータ-攻め,疑似ぶっかけのシーンは,吐く息が白く過酷な撮影。

前作の「GOKUERO」もエロかったけど,凄いね長谷川ミクは!!!マジ,興奮しました。

本編はこちらから