【雨宮まり】男の声がウルサくて – 尻ふり腰クネまんずり女

本編はこちらから

腰つきが超エッチ

女性が腰をクネらせるのって本当にエッチに見える。

その行為自体が恥ずかしいのに、感じると恥ずかしさも吹っ飛んで必死に腰をクネらせる。

実際にこんな姿見たら、入れる前にでちゃうな。

ヤバイ

貪欲なまでの尻ふり腰クネが止まらない。

コスチュームもこれ以上ないエロさ。

うつろな眼をして口は半開き。

開ききった脚で、アホになるくらいに快楽に酔いしれ、尻ふり腰クネ。

バイブがセットされた女は、男に卑猥語を言わされ、タメ息混じりに淫語を漏らす。

バイブと浴びせられる卑猥語とが相まって、女の欲情はエスカレート。

ハメシーン無しで、このエロさは何だ。

どスケベ女、ヤバイ。

これは買いでしょう。

男の声がウルサくて

男に指示されて色々なオナします。

ずっと水着を着たままで、下は脱ぎません。

本気か演技か判りません。

私は想像力に乏しいもので映像を見ます。

でも、映像があるのに、なをかつ想像力が無いと興奮できないって…。

かつてのアロマさん、というか、昔のAVはこんなのが多かったですね。

マジイキを見せるのが解禁になったのはまだ数年前。

これは、それ以前の郷愁漂う作品という事ですか。

本編はこちらから