【青木琴音】会話が全く無いので無機質な空気になっている – 吐息が感じる程のねっとりフェラチオ

本編はこちらから

マイルドだぜぇ

チン棒をじっくり味わうような丁寧なフェラチオであること。

しかしおとなしい作品である(邪魔くさいやつよりはマシとみるか)チョイスするなら1人目のねっとりフェラチオにほにょり(にゃ~あ)きた。

喉チンポまで深く銜え込んで、涎をダラダラ垂らすのが良かったから。

リアルさがない

ひたすらやる。

ストーリーもなんの工夫もなく、単調。

カメラ目線はやめたほうがいい。

会話が全く無いので無機質な空気になっている

姫乃未来と青木琴音が胸を露出していたが、それ以外の女優はずっと服を着たままだった。

全員、パンツを脱ぐこともなく、本番も無し。

あんなさくら、長谷川聖那、青木琴音は虫みたいな濃い付けまつ毛をしていて、長谷川聖那は変な色のマニキュアを塗った、ゴテゴテした下品で汚らしいネイルをしていたのでキモかった。

姫乃未来のシーンは、カメラ目線がほとんど無かったのも残念。

あんなさくらと青木琴音はタイトル通り濃厚なフェラをしていたが、それ以外は普通のフェラだった。

桃色バンビのシーンは全編、「ウィーン」というカメラのモーター音がうるさかった。

また近くに道路があるため、車の騒音もうるさかった。

フェラの音より、モーター音と車の騒音の方が大きかった。

また青木琴音のシーンも車の騒音がうるさかった。

撮影場所に気を使えよ。

全編、会話が全く無く、ただフェラをしているだけだった。

会話が無いとモデルの人柄が伝わらず、事務的でとても無機質な内容になる。

男優が喋りすぎるのはウザイが、ある程度の会話シーンは欲しかった。

本編はこちらから