【鮎原いつき】ギャップが楽しめるかたにはおすすめ – 服従の緊縛アナル妻 鮎原いつき

本編はこちらから

喘ぎ声に笑う

プレイやアングルは好みなんだけど喘ぎ声に笑うwケツケツ言い過ぎw

服従はタイトルだけ…

服従はストーリーの最初だけ。

その後は鮎原ワールド満載の作品です。

ケツ!ケツ!ケツ!の連呼など隠語満載。

もっと私を気持ち良くしなさい!感で男優をリードします。

どちらかと言うと男優が服従してる感じでしょうか。

あ、だからと言って評価が低いわけではありません。

熟女ア◯ル好きにはオススメです。

自作はやっぱり黒人との3pの期待を込めて星4つです。

鮎原さんごちそうさまでした。

ギャップが楽しめるかたにはおすすめ

温泉に浸かって、義理の弟と仲良くなってしまう作品に主演されていたと思ったら、最近はどんどん過激な演技に挑んでらっしゃるいつきさん。

おとなしそうな美女が、一皮むいてみればお下劣な言葉を次々に叫んで達してしまいます。

そのギャップを楽しめればいいのですが。

玄関の鍵が見つからず、お隣のおトイレを借りに寄った主人公が、粗相をしてしまいました。

詫びることもできないまま立ち去ったことを謝るために、後日改めて隣人を訪ねると、おしゃべりもそこそこに、すぐにスカートをめくられて四つん這いになっているのです。

そのあと、指をうしろの穴に入れられるとすぐに人が変わってしまうのでした。

堕ちるまでが早い早い。

もうちょっと焦らしてほしかったです。

おしとやかだったのに、調教されてしまう恥じらいが見たい。

いつきさんの雄叫び、好きなかたにはたまらないのでしょうが、コントを見ているような気にもなって醒めてしまいました。

ナレーションもご本人。

これは演技を重ねた感じに仕上がっています。

インスタント食品より、コースになれる素材なのですからもったいない気がしました。

本編はこちらから