【鮎川さくら】お姉さん系 – 絶頂潮吹き×プレミアデジタルモザイク 鮎川さくら

本編はこちらから

凡作なのは誰のせい?

女優の身体は綺麗。

洋モノ女優のようなプリ尻が魅力的(だが、それが堪能出来るシーンは無し)。

宇佐美作品には珍しくインタビュー等が一切無く、女優の素の表情を垣間見ることは出来ません。

潮吹きはタイトルにする程のものではありません。

Chapter1で2回・Chapter5で1回吹くのみで、量も普通です。

シリーズの特性とはいえ、全体的にアングル・編集には不満が残ります。

仰角・斜め構えが多く、落ち着く間もなく次々とシーンが切り替えられていきます。

特にChapter3はまるで別人が撮ったよう。

男優が新人?で手際が悪かったせいか、編集ブツ切り。

撮影環境も粗悪(逆光)。

見所はChapter5の騎乗位シーン(男優:大島丈)のみと言っていいでしょう。

Chapter1から見進めてきて、ここへきて初めて良アングル(引き+真っ直ぐ構え)で女優の美しい肢体を堪能することが出来ます。

前後腰振りがエロいです。

お姉さん系

お姉さん系AV女優,鮎川さくらが見せる,抜き系ではないけど,濃厚なフェラ。

勃起チ○コとオ○ンコとの結合部アップ&ピストンシーン。

太股からピップが迫力ある大きさなので,四つんばいシーンやマングリでのオ○ンコ攻めが興奮させられます。

ガンガンとハメられながら,自らクリを刺激する淫乱なシーンもあります。

本編はこちらから