【鶴田舞】美人妻の卑猥極まりない無防備な股間 – 夫の借金で差し押さえられた若妻 鶴田舞

本編はこちらから

セリフが少ないと心の変化がわからない

鶴田舞のセリフを極端に省いてしまったために、妻の心の変化がわかりにくい。

最初からほとんど抵抗もなく、あっさり一味の言いなりになるのもどうか。

借金の方になったのに仲間内で楽しんでしまうのもわからないし、終わり方も唐突な印象を与える。

妻が最後に特別淫乱になったという印象はなく、絡みの演技にも不満が残る。

結構スケベな舞

旦那の借金をカラダで返すことになった舞。

強●ストリップの後、2人の男に代わる代わる犯●れる。

その後事務所に監禁され、全裸大開脚の格好で拘束され、ローター、バイブ、電マでいたぶられる。

さらに延々と犯●れ続け・・・・。

舞は上品な顔立ちの美人で、ほどよい大きさの美乳。

申し分のない女だ。

しかも結構スケベときた。

犯●れることをあっさり承諾するし、ストリップの際、下着姿で一回転しろと言われた時、既にブラのホックを外していた。

また、パンツもほとんどためらうことなく、するりと脱ぎ捨てる。

早く犯●れたくてうずうずしていたのかも。

「気持ちいいか?」「気持ちいいです」というやり取りが何度もあるし、レ●プというよりも少し乱暴なセックスという感じ。

舞もさんざんイカされまくってたっぷり楽しんでいたし、それほど暗いストーリーではない。

ヌキどころは少ないかも

鶴田舞は相変わらず綺麗だが、内容的はヌキどころが少ないのが残念。

無口で従順過ぎる若妻

借金の方にされてしまう若妻役の鶴田舞さんは品のある顔立ちで体の方も適度な肉付きで良いんですが、最初に借金取りに脅されるシーンではあっさり借金の方になる事を承諾してしまい拍子抜け。

もうちょっと抵抗してから屈服してくれれば興奮度も増したのではないかと思いました。

あと、借金の方というなら身内で弄ぶだけでなく、性奴●として客取らせたりとかいうシーンがあっても良かったになぁと。

もう少し良く出来そうな作品でもどかしさが残りました。

女優を生かす演出が素晴らしかった

女優の演技力のなさを補うためか無口な感じに演出しているのだが、女優の上品な顔立ちとあいまって、男の三歩後ろに黙って従う感じの貞淑な清楚妻の雰囲気を出すことに成功している。

マジメで貞淑な人妻が借金のかたに犯●れる屈辱を表情に浮かべながらも男たちのいいなりになって素晴らしい肉体をさらけ出しながら無理やり犯して欲しいと目で訴える女優の演技力が秀逸。

あえて無理にセリフを増やしたりせずに女優のよさを生かした演出が作品としての質の高さにつながった感じ。

セリフが下手ならセリフがほとんどなくてもドラマは作れるのだという好例。

監督のセンスで女優をうまく生かした作品と言えるだろう。

悪ケシが蔓延る前って素晴らしい!

まだ「市川さとみ」になる前の「舞」嬢。

約8年前の作品である。

整ったお顔立ちで色白肌。

上半身に比べて、下半身の筋肉の付き方が素晴らしい。

アヘ顔は般若系で眉間に皺を寄せてしまうが、きちんと本射であるのが好ましい。

この時代の細かいケシのお蔭で、エロさにガチさと臨場感も加わっていて、良い作品だと思う。

美人妻の卑猥極まりない無防備な股間

鶴田舞=佐々木優奈さんが夫の借金のカタに借金取りに身を捧げる凌●もの。

倖せそうに家事に勤しむ美人妻に目をつけたチンピラ風の二人組。

借金返済が滞る旦那を呼び出して脅し、借金返済代わりに妻を差し出す一筆を追記した借用書に苦渋の押印。

早速二人組が自宅に訪れ、美人妻に経緯を説明「服を脱いでもらえますか」…驚くことも取り乱すこともなく悟ったように指示に従う舞さん。

ここは拒むなり少しは抵抗を示して欲しかったところ。

男たちを前に潔くブラを外し、ショーツも脱ぎ、やや大柄で見栄えのする垂涎の全裸を露わに…。

とびきりの美貌が憂いを滲ませ、隠した両手を外すと30代後半とは思えない天然の軟かさが伝わる美乳、そして上品な恥毛が晒されます。

「後ろも見せてください」に白肌で引き締まった背中からお尻の双丘の合わせめ、麗しい美脚が瞼に焼きつきます。

そして指示されたとおり、後ろ向きのまま中腰になって股を開くという卑猥極まりない無防備な股間・・「いい恰好だねぇ…」ここまで屈辱的なふしだらなポーズって…ごくりと生唾を呑みながら2,3回再生を繰り返す私。

この作品最大の見せ場です。

視姦する者を興奮度MAXにさせる淫らさに触発されるように代わる代わる姦淫する二人。

凌●され泣き叫んで抗う展開を期待する向きには肩透かしかも…。

この後は、監禁部屋で延々と慰み者にされる美人妻。

暗めの映像で私的にはさして見るべき内容に乏しかったなぁ。

ほとんど抵抗せず身を任せるのは、旦那への失望感からか、夫とのセックスに不満で、他人の肉茎に貫かれることを求めていたのか…。

脚本は今いちながら、舞さんの美裸身とふしだらな姿が救いの作品でした。

本編はこちらから