【黒木麻衣(花野真衣、SHIHO)】淫靡な雰囲気は○だけど。 – 熟女レズ 淫熟ふたなり女刑務所

本編はこちらから

最高の女優達

熟女3人、川上ゆう、黒木麻衣、北島怜と良い女優を揃えてそれぞれに乱れに乱れ最高の評価をする者の居るだろう、黒木の無表情と大根セリフに悪口を言う者もいるが、これも彼女のキャラクターと評価しています。

自分としてはフタナリ者が範疇に無いので大減点。

フタナリ物を作る神経が理解できない。

変わった設定

前作同様になぜかチンポを持った女たちによるレズです。

ドラマとしては不自然な設定ですが、わりと楽しめました。

川上ゆうは何か演技の勉強をしていた経験があるのではないでしょうか。

台詞回しなど非常に上手です。

一方、黒木麻衣はセリフも下手だし相変わらずの無表情。

まぁとにかく3人の激しいキスが見られたので満足です。

駄目かぁ・・・

ストーリー設定はともかく、関係性?が無茶苦茶な感じが。

前作を見て個人的にハズレと思いながら、今作も再び期待してみたが駄目だった。

画質は前作よりもよくなったが、それ以外は酷い。

川上ゆう、北島玲を起用しながらも全く持ち味を出せてない作品。

意味不明な三人の関係も手伝い、終始微妙なペースで終了。

淫靡な雰囲気は○だけど。

黒木麻衣を入れたのは大失敗だった。

演技が下手というより、演技をする気がないんじゃないか。

川上、北島と落差があり過ぎる。

それから、疑似ペニスに何でモザイクかける必要があるのか。

単なるペ二バンなんだから、ハッキリ見せた方が射精時のリアル感が増すと思う。

女刑務所という舞台設定で監獄の中でのレズプレイなど全体的に淫靡な雰囲気があるのは○だけど、疑似ペニスしごいてズッと感じるそぶりしてるより、何度も射精した方が見応えがある。

ふたなり作品の出来不出来は、射精回数に大きく左右される思うがなあ。

本編はこちらから