【AIKA】多すぎる – MOODYZ15周年記念作品【限定共演】クリムゾンドリーム

本編はこちらから

出演女優多すぎで ぐたぐた

秋山祥子と波多野結衣 目当てで鑑賞したのだが 祥子嬢はまだ役柄がフィットしているが 結衣嬢は 何でズラつけてスパイの配役なのか。

はまり役の捜査官にすればいいのに。

彼女のストロングポイントの痴女さも表現されていない。

ラストは 女優が多すぎて 何が何だかお年玉的な作品なんだろうけど 人数を絞ったほうがよかったのでは。

まさにドリーム!究極の作品です。

豪華女優陣に加え、原作者の書き下ろし作品という豪華仕様。

そしてなんと約5時間という大作におなかいっぱいの内容となっていました!好きな女優さんも多数出演しているので★6をつけたいくらいです。

まさに記念作品に相応しい1本だと思います!

文字通り最悪の原作レ●プ

クリムゾン愛読者です。

先ず原作通りのプレイがなってない。

サキVSケーシャのシーンは原作ではアナルに電極突っ込んだり負けたケーシャには二穴挿入が待ち構えていますが、実写はただマットの上でふつうのセックスのみ。

ケーシャ役の女優はアナルプレイオーケーでかつ波田野由衣さん同様スタイルの良い女優使うべきだと思った。

次に再現度泉アリサは今回はAIKAさんで悪くはないのですが、泉アリサは薄い紫のショートヘアー髪色なのにAIKAさんはロングの金髪。

それにアリサは色白なので黒ギャルのAIKAさんより「クリムゾンプリズン」で泉マヤに扮した椎名ゆなさんをキャスティングした方が良かったとは思う。

そして神咲詩織さん演じるカグヤ。

原作は金髪なのに神咲詩織さんは茶髪。

ケーシャも上記と同じ。

そして、南雲さゆき役に至っては蓮実クレアさんなのだが悪いが全く似てない。

スタイルはともかく、髪をわざとらしいカツラなどでごまかすより再現性高める為に切るなり染めるなりしてこそ原作リスペクトだと思う。

更に言えば猿轡など噛ませてるシーンあるのにそれが無いとは監督は実写化するにあたって原作読んでないのかと思えるほど。

最後に最後の乱交シーン。

アレはいらん。

あそこに力入れるなら原作通りの二穴責めとかに力入れて欲しい。

以上のように女優のチョイスや原作再現度が著しく低く、クリ姐が本当にオーケー出したのか謎な作品だった。

う~ん、やっぱり男が邪魔。

レズ、乱交もの時、男がカメラに映らず上手くやってほしい。

プロなんだからさ。

ムキムキ男が映りゃそれじゃいくら女優が美人でも、相互打ち消し合い。

長くて、豪華で、雑

この豪華な女優さんじゃなかたら、クリムゾン作品過去最低な作品になっていたかも、15周年記念作品で、豪華にしたかったのもあるのかも知れないが、時間の尺の関係で、あきらかに雑になっているのが残念冒頭で、神咲詩織・沖田杏梨と2名が組織に潜入するシーンから始まるので、まさかとは思ったが、この2名が軸となるのも予想がついてしまうクリムゾンプリズンの時と同じルールで、逝ったら負けの設定は同じだが1対1で対決させるので、画面があっちこっち変わり、集中出来ず2名を同時に映す事もあまりないので、対決感もあまり感じられず前回、進行役で適役だった、大槻ひびきが参加者側に居て、好きな女優さんだったので1回戦でいきなり負けてしまいビックリしたが、今回の悪役のかすみ果穂側にすぐ着いたので、それはそれで良かったが、全体的に時間の都合もあり、雑スマートフォンで操るゲームを最後の乱交に使うあたりは、結局最初からそれを使えば良かったじゃんとなってしまう・・・罰ゲームは、強●Hシーンで、この豪華女優さんのHシーンは魅力的だったので、そのシーンだけを抜粋して見れたりとかあればまだしも、流れの中だけで見ていると対決がイマイチなので疲れてしまう。

会話や1対1の対決シーンは飛ばして、罰ゲームのHシーンと最後の乱交シーンだけ見れば充分かも・・・

ドラマ仕立てでアニメの実写版のよう

皆コスプレのような格好をしているので、見慣れたメンツながら新鮮でとても楽しめた。

エロい感じは15mくらいから。

1対1のバトルが行われていく。

女同士が直接戦うというよりも男に責められ先に行ったら負けのようなルール。

有名女優のふたなり姿も見れて嬉しい。

最後は大乱交という感じで見ごたえがある。

漫画の方が良き

クリムゾンの漫画が好きで購入しましたがイマイチでした。

実写映画が転ぶのと同じ感覚を覚えました。

長い割には薄い

基本的には同じなんですよね…長いのに…もっと割り切って、漫画的なありえない展開にした方が良かったんじゃない?見世物として退屈でした。

キャスト以外見所なし

これだけの女優を揃えたのは評価できるが、そこだけ。

作品自体は何ら変わり映えしない普通のレベルだし、原作再現はされているが実写だとイマイチという所に落ち着いてしまっている出来映え。

面子はドリームだがそれだけ、内容は全く並以下。

結局SEXしているだけだし、責めに対する反応も女優の演技の域を出ない。

もっとリアルな反応を取れるような責めじゃないとこのキャストを集めても意味が無い。

混乱

ステーキ、ハンバーグ、すきやき、焼き肉、しゃぶしゃぶ、とんかつを同時に食べて美味しいですか?って話ですよ。

詰め込めばいいってことではないでしょ。

全員立ち位置が中心女優ですから豪華は豪華ですけど。

何か見辛い

勝ち抜き戦みたいな物で、大まかに言うと先にイクと負けで罰ゲームがあり罰ゲームは様はSEXをする。

SEXしたら洗脳されてる。

司会がかすみみたいので、よくある最後は乱交して終わります。

何かよく解らないうちに終わる感じでした。

あまりお薦めしません。

多すぎる

七瀬サキ役の沖田さんだけ別格の再現度。

他はかなり厳しい。

登場人物も多すぎる。

あれ、誰だっけこれ…という状況が多い。

本編はこちらから