【Marin.】Marin.&ひなのりく のJK – JK-FETISH 〜生中出しライブ〜

本編はこちらから

カメラが左右に捏ねくり回していなければ満点でもいいのだが

単体クラスの女優2名を起用した女子校生モノ。

ソロプレイが1パートずつあり、あとは同時に登場します。

ギャル系という意味ではタイプの近い2人なので、そのバランスはともかくとして、友人同士という自然な感じにはなっています。

単体でもやっていける格があるのでソロパートも十分視聴に耐え得る出来で、それでいて同時プレイも上手くこなしています。

女子高生というよりは”AV女優の女子校生コスプレ”といった雰囲気になってしまったのは少し惜しいところですが、それでも上等なほうだと思います…唯一カメラを除いては。

冒頭のソフトレズから、長回しなのに右へ左へとコネコネコネコネ捏ねています。

間が持たないと思い画面に変化をつけているつもりかもしれませんが、アンタが捏ねなければ女優はいい演技をしているのに、捏ねたせいで逆に間を持たなく見せているんだよ。

それとも考えなしにただ捏ねてるだけ?カメラのせいで減点1。

制服もの

普通の制服ものといった感じでした。

二人なので、それぞれ単独のプレイと、二人でのプレイがあります。

特によかったのはひなのりくの中出しプレイで、出されて「子供できちゃう~」と力なく言うところと、垂れてくる精子をティッシュで押えて「見ないで!」と言うところです。

中だしライブとは?・・・であります

良くも悪くもギャルっぽい感じが見受けられました。

ストーリー的には、学園ものというよりも援交的な感じだと思います。

若干ではありますが、チラリズム的な要素もあり、ケロロ的には満足しています。

作品としても、変に片寄った感じは無く、うまく二人を撮った作品だと思います。

Marin.&ひなのりく のJK

内容は、お互いにオナニー。

Wフェラ。

一人ずつ制服H。

そして2対2の4Pです。

Wフェラと一人ずつでのHは、主観映像です。

やはりMarin.ちゃんはエロいですね。

最後の4Pでは、2人が同時に騎乗位するシーンが有るんですが、Marin.ちゃんの腰使いと喘ぎ声の方がりくちゃんより上なので、ここはカメラもMarin.ちゃんメインで撮ってます。

これは正解ですね。

また、Hは全て制服を着ていますが、それをHの最後まで脱がないのが、制服or女子校生好きには良いですね。

女子校生好きで、Marin.とひなのりくが嫌いでなければ、見て損はないと思います。

本編はこちらから